フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 【簡単・3分宝塚講座 Vol.3】 | トップページ | 春日野八千代さん死去の報 »

2012/08/28

【簡単・3分宝塚講座 Vol.4】

ブログ読者からいただいた質問をきっかけに始めた3分宝塚講座ですが、実は昨日、本日ともに500アクセスを超える反響をいただいております'(*゚▽゚*)'
なんだかうれしくて張り切っております。

では、本日も各組ご紹介の続きを!今回は『星組』です。

20120825_star01

星組男役トップスターは「柚希礼音(ゆずき・れおん)」さん、娘役トップスターは「夢咲ねね(ゆめさき・ねね)」さんです。

柚希さんは、その低音の効いた声量あるボーカルが最大の魅力です。それに豪快なダンス。男気のある役柄が最も似合うワイルドな男役ナンバー・ワンです。

相手役、夢咲さんは、可愛い顔立ちで、もちろんキュートな役も“ブリブリ”でこなしますが、夫がいるのに若い男(柚希さん配役)をたぶらかし、将来など全て捨てさせて自分のもとにやってくると、「もう興味ないから」・・みたいな悪女も悠悠と演じる、超強力な娘役です。身長も高く、手足も長く、キュートでセクシーで美女という三拍子も四拍子も揃った無敵の娘役と言えます。

20120825_star02

星組は、男役も女役も皆「個人営業」的なスターが揃っていて、皆でひとつの目標に向かって統一した何かを作り上げるというのではなく、それぞれのある意味“行き過ぎ”なくらいの個性をぶつけ合って、そのぶつかり合いの中から素晴らしい世界が見えてくる・・そんな組です。

上記写真は、組替えとなった個性派も載っていますが、どうです!見てください、まさに“オラオラ”状態!!(☆o☆)!!
舞台上の演技でも、ショーでも、この“オラオラ”状態が続き、これこそが星組の魅力となります。

主演柚希さんのコンサート「REON」でも、二番手男役が会場係の女性に扮して客席で観客とおもしろトークを繰り広げたり、柚希さんの小さい頃を、まるで「ちびまるこ」の家庭のような設定でコント化して爆笑させたり、この組は何でもアリの、ちょっと“ヤクザ”なくらい宝塚の枠から逸脱しかけて、どうにかこうにか収まっている感じなのです。
ま、それがこの組の持ち味であり、演し物についても「愛と青春の旅立ち」「オーシャンズ11」などの映画をミュージカルにしたりして、非常にワクワクさせるチャレンジングな特徴を持っています。

ほぼ丸々一年、宝塚、東京、博多、名古屋と「ノバ・ボサノバ」という歌いっ放し、踊りっ放しの強烈ショーを持って回ったこともあります。並大抵のトップスターでは、喉も体力も身体のバネも保たなかったでしょう。
ダイナミックで、汗の飛び散るような、大波が押し寄せてくるようなパワーある組です。

20120825_star03

かと思うと、柚希さん、ねねちゃんはシリアスな演し物から、突如“ほんわか”したラブリーで胸キュンな演し物まで難無くこなしてしまいます。
上記写真は、ラブリーな状態のお二人。
すっかり名コンビになった星組トップコンビ。

ダイナミックな宝塚、トップスターが歌いまくる宝塚をお好みならこの星組がおすすめです。
明日も、ねねちゃんのセクシー・ビームがステージ上で炸裂します(☆o☆)!!


【NowPlaying】 ラーニング・トゥ・ラブ / ロドニー・フランクリン ( PopsVocals )

« 【簡単・3分宝塚講座 Vol.3】 | トップページ | 春日野八千代さん死去の報 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【簡単・3分宝塚講座 Vol.4】:

« 【簡単・3分宝塚講座 Vol.3】 | トップページ | 春日野八千代さん死去の報 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック