フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「新解さんの謎」を読んだ | トップページ | 【簡単・3分宝塚講座 Vol.16】 »

2012/10/03

【簡単・3分宝塚講座 Vol.15】

20121003_tokyo_takarazuka_theatre


主に初心者に向けて開設した本「簡単・3分宝塚講座」ですが、今回は単なる初心者だけでなく、男性初心者に対する講座です。

私も「男」なので、最初の頃はかなりハードルが高いと感じましたし、私が見始めた頃は、劇場内に男性が数名、数えるほどだったので、劇場に入ったときも、幕間にロビーに出たときも、とても緊張しました。
自分が珍しいものとして見られているのではないかと、ドキドキだったのです。

でも、結局宝塚自体の魅力が私を引きつけ、劇場通いから遠ざけることはなく、今に至っています。

では、男が宝塚を観劇して何かメリットはあるのか?
ちょっと考えてみました。

①休憩時間にトイレに並ぶことはない。
・・「なんじゃそりゃ」と思われるかもしれませんが、女性の方達の幕間のトイレ行列には、いつも「たいへんだなあ」と思っていて、まずそれは幕間を有効的に利用できるということでたいへんな利点なのです。
キャトルレーヴ(劇場内のさまざまな宝塚グッズを販売している売店)にも一番乗りで入ることができます。

②普段の疲れ切った生活(仕事に疲れ、家庭に疲れ、悩み事も抱えている)から隔絶された空間に身を置くことができる。
・・劇場に入り、開幕のブザーが鳴り、客電が落とされると、自分の世界に入り込み、舞台上の作品に没入することが可能です。
男ならではの仕事上の悩みなど暫し忘れてお芝居やショーが繰り広げられる舞台に集中できます。

③男同士徒党を組んで観に行くことはまず無いので、逆にグループを作っている女性ファンのようなところに入る必要はなく、舞台以外のことに気を使うことが少なくて済む。

④男性でも、ファンになり客席で観ていると、男役スターに見惚れてしまい、気付くとその男役スターに惚れている自分に気付く。
・・つまり女性がどういうふうに男性に惚れるか、夢中になるのかが体感できるという、普通に男としての人生を送っている者には絶対に気付かぬ女心がわかるようになるのです。

⑤宝塚ファンの女性は意外と多いので、自分がファンであるとカミングアウトしてしまえば、多くの宝塚ファンの女性と普通にオバチャン同士のような会話ができるようになる。
・・そうして女性と仲良くなると、今までの男性中心の友人関係から女性中心の友人関係に移行することができるのです。その方が男同士の仕事絡みの面倒くさい関係とは無縁の世界が出来て、自分の周りには二つの世界が構築される。それは意外と快適!

⑥すっかり忘れていた「愛・真実・正義」という絵空事にさえ見えていたものが、若い頃同様、実在するものであると思えるようになる。
・・ほんとうは一番男性に必要なものかもしれない、なので女性を大切にするようになる→そして、女性よろこぷd(^_^o)

⑦行きつけの店ができた以上にうれしい、そして価値のあるものを手に入れたと実感できる。
・・仕事だけではない、人間そのものを好きになる大きなきっかけが舞台上にある、そんな価値あるものを発見できる!
※わかりづらいと思いますが、男一匹、宝塚一人観劇を実現したそのときに見えてくるのです。

というわけで、今回は男性の宝塚観劇について考えてみました。

男性の皆さん、一度は宝塚劇場に足を運びましょう。
人と生まれて、宝塚を観ないで人生を終えることは大きな損失であると・・・今の私なら言える(゚ー゚*)。oO


【NowPlaying】 ラジオ深夜便 / 谷村新司他 ( NHK-AMラジオ )

« 「新解さんの謎」を読んだ | トップページ | 【簡単・3分宝塚講座 Vol.16】 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【簡単・3分宝塚講座 Vol.15】:

« 「新解さんの謎」を読んだ | トップページ | 【簡単・3分宝塚講座 Vol.16】 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック