フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 【簡単・3分宝塚講座 Vol.15】 | トップページ | 5年前の映画『P.S.アイ・ラブ・ユー』を借りて来た »

2012/10/06

【簡単・3分宝塚講座 Vol.16】

簡単・3分宝塚講座、第16回です。

今回は、『愛着』について。
何度も劇場に足を運ぶようになると、いろいろなものに愛着が湧いて来る自分に気付きます。

20121006_tokyotakarazuka


私は、劇場そのものに愛着を感じることがよくあります。
写真は旧東京宝塚劇場。

生まれて初めて宝塚歌劇を観たのもこの劇場でした。
観客席は3階席まであって、かなり3階はせまく、膝を抱えるようにして見ていた記憶があります。
それに、貴賓席のような形で壁から空中に浮き出たような席もありました。当日S席のようにして売られていたような記憶もあります。

そして今の東京宝塚劇場にも愛着を感じるようになりました。
劇場の前に立っただけで、さまざまな演目や想い出がよみがえります。
それに一緒に観劇した人たちも・・・。

本場宝塚市の宝塚大劇場にも大きな愛着があります。
震災前の旧大劇場は、川に面して中庭があり、幕間に出て静かに川風を受けながら一幕を振り返った記憶があります。
一階席には、何故か席の前に鉄柱のような柱が立っている“気の毒”な席もありました。
そして、本場大劇場が存在しているあの宝塚の街並みそのものが独特のゆったりとした空気が流れ、今でも愛着があります。
宝塚の生徒さんも、街を普通に行き交い、なんておだやかで自然な雰囲気を持った街なのだろうと思いました。
新しい劇場になってからも、やや雰囲気は変わりましたが、やはりあのゆったりとした空気は残り、愛着も変わらずです。

5~6回の観劇を経た、もう初心者でなくなった貴方は、何に愛着を持つのでしょうか。

5組ある“組”そのものに愛着を感じるかもしれません。
特に初観劇した組については、私もけっこう思い入れが強く、しばらくはやはりその組に強い愛着を持っていた記憶があります。私にとっては「花組」がそれでした。

さらに、演目にも愛着を感じることがあるでしょう。
自分が感激した演目については、いつまでも美しい記憶が残り、大切な宝物にまでなります・・・よね(^-^)☆

そして、スターさん個人に対しても愛着を感じる人がきっと現れるでしょう。
あのときの、あのひとの、あの演技に・・あの歌に・・あのダンスに・・と、思い入れはどんどん深くなります。

宝塚は奥が深いです。
数え切れない想い出と、愛着が残っていく宝塚。
「宝」という文字が付くだけのことはあります。
一生の宝物、宝塚で見つけてください。

今回は、ちょっと変わった宝塚講座でした。


【NowPlaying】 The Man In Me / Bob Dylan ( FolkSong )

« 【簡単・3分宝塚講座 Vol.15】 | トップページ | 5年前の映画『P.S.アイ・ラブ・ユー』を借りて来た »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【簡単・3分宝塚講座 Vol.16】:

« 【簡単・3分宝塚講座 Vol.15】 | トップページ | 5年前の映画『P.S.アイ・ラブ・ユー』を借りて来た »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック