フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 椎名誠さんの本を思わず読んだ | トップページ | 桐島、部活やめるってよ・・・えっ »

2013/02/26

【ブラック・ジャック/雪組公演】を観た

20130224_black_jack01


宝塚歌劇・雪組東京特別公演『ブラック・ジャック』を観ておりましたのでその感想を。
もちろん、手塚治虫先生の名作漫画、あの「ブラック・ジャック」を宝塚版にしたミュージカルです。

主演は未涼亜希(みすず・あき)さん。このあいだまで雪組トップスターだった音月桂(おとづき・けい)さんとは同期の円熟した男役、そして静かなる舞台にいつも秘めたものを感じさせる“雰囲気”ある男役です。

以前にも「ブラック・ジャック」の舞台化は、安寿ミラさんの当時の花組で公演されたようですが、私は存知上げず、今回が初めての経験でした。

未涼さんのブラック・ジャックは、まさに“はまり役”と感じました。「静か」だが、胸に秘めたる想いが「熱い」、未涼さんの芸風にしっくりと馴染みました。
そして自分と関わった人たちへの慈愛の眼差しが、ぶっきらぼうな言動とは正反対に観客の心に沁みました。素晴らしかった。


20130224_black_jack02


ブラック・ジャックと聞いて、真っ先に思ったのが、「ピノコ」は誰?!それって“おいしすぎる”役どころじゃないの!ということでした。
今回は、桃花ひな(ももはな・ひな)さんが抜擢されました。
実際には、大人の人間が演じるので、あのピノコをどう演じるのか興味津々でしたが、生まれるところからハイハイして転ぶところ、言葉を少しずつ覚えるところ、意外としっかりブラック・ジャック先生を見守っているところ、そして自分自身の身の上をじっと見つめ直すところなど、その動きもセリフもはっきり言って“抜群”でした。満点です。
観客も笑いつつ、ドキドキしながら見守っている感じでした。

そして、不老不死のバイロン侯爵を演じた夢乃聖夏(ゆめの・せいか)さんはこのところ第二の急成長とでも言ったらよいのか、また芸域を拡げたような印象でした。侯爵という地位を豊かに感じさせたうえに、通常の女性と結ばれることでの苦悩を巧みに演じていました。よかった(;´Д⊂

その夢乃さんの恋人となった大湖せしる(だいご・せしる)さんは、男役から娘役に転向して新たな境地をまた切り開いた感じです。
ざっと見渡して大湖さんのようなタイプの娘役は現在他の組にも見当たりません。
“いい女”だが、何かひとつ心のひだに引っかかるものがある・・そんな女を演じたらこの人なかなかいいです。しかもルックスも他の娘役とは違う、ちょっとスパイシーな感じがまたいい!!

ブラック・ジャック先生に助けられるチンピラで、後々彼女と共に立ち直る若者を演じたのが、私の“一押し”彩風咲奈(あやかぜ・さきな)さんでした。
脚の不自由な演技がいまひとつな印象もありましたが、何と言ってもこの人は舞台で栄えます。いるだけで華やかなのですね。
がんばってその憎めない役柄を演じていました。もう少しで花開く“つぼみ”のような男役、がんばってほしいです(*^_^*)

その彩風さんの恋人を演じた沙月愛奈(さつき・あいな)さんも、落ちて行きそうになる彩風さん、立ち直ろうとする彩風さんを支える素敵な恋人を演じて満点でした。
・・もう、ほめてばっかり(*^^*)

舞台が終了しても観客席にはさわやかでしみじみとした満足感が漂い、スタンディング・オベーションで未涼さんを、そして雪組精鋭24名の生徒をコール、思わず私も涙してしまいました。

あたたかくて、そして尊い人の心を一丸で演じた雪組にあらためて大拍手でした。見て良かった、ほんとうにそう思う公演でした。


【NowPlaying】 のぞみ(希望) / 船村徹 ( 歌謡曲 )

« 椎名誠さんの本を思わず読んだ | トップページ | 桐島、部活やめるってよ・・・えっ »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ブラック・ジャック/雪組公演】を観た:

« 椎名誠さんの本を思わず読んだ | トップページ | 桐島、部活やめるってよ・・・えっ »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック