フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 花組の『オーシャンズ11』観た!!(その1) | トップページ | 【ビートルズひとり雑談・第六談(全員のサイン入りサージェント・・2,700万円☆☆!!)】 »

2013/03/31

花組の『オーシャンズ11』観た!!(その2)

20130330_oceans11_2


前回に続いて宝塚歌劇・花組東京公演『オーシャンズ11』の観劇記です。

前回にご紹介したメンバー以外の方についてもふれてみます。
まずはオーシャンズのメンバーのうち、星組では美弥るりか(みや・るりか)さんが演じていたハッカー役を鳳真由(おおとり・まゆ)さんが演じていました。
美弥さんに比べるとインパクトが薄い印象がありましたが、独自の個性も出ていたので及第点か。

水美舞斗(みなみ・まいと)、柚香光(ゆずか・れい)さんの防犯カメラ映像ねつ造担当の二人は、とても舞台でイキイキしていたうえに、その若々しい男っぷりには感心するばかり。
とてもキラキラと輝いていましたし、ラストのショーでのダンスもとても目立っていてよかった(*^^*)よその組もうらやましいと思うくらいの若手男役が出てきたという感じでした。

元カリスマ詐欺師のソール(星組公演では専科の未沙のえる(みさ・のえる)さんが演じた)役、悠真倫(ゆうま・りん)さんは、前回の未沙さんが卓越していたため、ちょっと比べるのは気の毒でしたが、いい味を出していました。
仲間達に演技指導する際のアドリブはちょっとからぶりっぽかったけど、これはその日によって異なると思いますので、次回に期待。

ヒロイン、テスをいじめるクイーン・ダイアナを演じた桜一花(さくら・いちか)さんは、「来るだろうな」と思っていた役かもしれませんが、想像どおり、いや想像以上に毒のある悪い女を演じて満点でした。
ラスト近辺のギャグも爆笑を誘い、さすがでした。

そして、芹香斗亜(せりか・とあ)さん。
星組では真風涼帆(まかぜ・すずほ)さんが演じた重要なスリの役をもらい、初々しくて、甘いマスクを生かした美少年っぷりが実に素晴らしかった。
“華”があるし、観客の目を引きつける魅力にあふれていました。
これからも期待大です。

瀬戸かずや(せと・かずや)さんのディーラー役は、星組では夢乃聖夏(ゆめの・せいか)さんでしたが、これは夢乃さんに軍配が上がった印象でした。もうひとつ格好良さというか、個性が発揮できるとさらに良くなる印象でした。

クラブのオーナー、リカルドを演じた高翔みず希(たかしょう・みずき)さんは、もうひとつ強気な酔っぱらいぶりが出ると良かったかもしれません。まだ東京公演が始まったばかりなので、これからエンジンが掛かっていくかと思います。

そして、ロビーに貼られていた「花野じゅりあ(はなの・じゅりあ)さん怪我による休演」の報せに驚きました。
花野さんはリカルドの娘で、北翔海莉(ほくしょう・かいり)さん演じるラスティの恋人役となるはずでしたが、今回は華雅りりか(かが・りりか)さんが代演していました。
華雅さんの役作りもちょっとオシャマで、可愛い女性になっていました。
これも今後大きく変化していくかと思います。個性の出しどころがたくさんありますので楽しみです。

二回に渡って、失礼ながらあれこれと書いてしまいましたが、全体に見て今回の花組東京公演「オーシャンズ11」は非常に出来が良いと思いました。
まだまだブラッシュアップされていくかと思いますので、これから東京公演をご覧になる方は期待していいですよ!d(^_^o)
ミュージカルもラスト・オマケのショーも抜群です。


【NowPlaying】 wktkラヂオ学園 / 大島優子他 ( NHK-AM )

« 花組の『オーシャンズ11』観た!!(その1) | トップページ | 【ビートルズひとり雑談・第六談(全員のサイン入りサージェント・・2,700万円☆☆!!)】 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花組の『オーシャンズ11』観た!!(その2):

« 花組の『オーシャンズ11』観た!!(その1) | トップページ | 【ビートルズひとり雑談・第六談(全員のサイン入りサージェント・・2,700万円☆☆!!)】 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック