フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« おじいちゃんルックの話 | トップページ | 『宝塚夜話・第八夜 < 退団後の生徒が気になる > 』 »

2013/03/19

ゆめまぼろしのような小説

20130319_hiromi_kawakami01


『龍宮/川上弘美著(文春文庫)』を読みました。
川上さんの小説には、私の大好きな「センセイの鞄」がありますが、今回読んだのは八編の短編からなるこの「龍宮」です。

読み始めると、あまりにも不思議で得体の知れないお話ばかり。

蛸(タコ)なのに人間の世界で飲んだくれては女を追いかけ、しかも“モテる”男の話。姿形は人間なのに、くねくねと“蛸的”な印象でもって、ふと知り合ったニートの男性に酒をおごってもらいます。そして女などについて語ります。
かつては、北斎の「蛸と海女」のモデルにもなっているという・・・奇想天外なお話。

そして、七代も前の先祖に恋する女。でも七代前のその先祖はアパートで現在一人暮らし??というわけがわからない設定なのに、恋心についてはしみじみとわかってくる話。

海から上がってきた生物であるのに人間の男に拾われ、結婚し、その夫から次の夫へと引継ぎをされて、また別の男の妻になる女の話。

ほんとにもう、わけがわからないのに、よくわかる!?(-_-;) 
心情的にはなんとなくわかるのに、ストーリーそのものは非現実の世界という特異なものでした。

でも、私には「この先どうなるのか」、「いったいこの女の正体は」などと先を読み進まねばいられない、魅力的な短編集でした。

この読後の“不思議感”は初めて味わうものでした。
マニアック・タイプの読書家におすすめですよ。


【NowPlaying】 Memory Motel / The Rolling Stones ( Rock )

« おじいちゃんルックの話 | トップページ | 『宝塚夜話・第八夜 < 退団後の生徒が気になる > 』 »

「恋愛」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
 「センセイの鞄」はわたしも読みました。よかったですよね。わたしも好きな本です。
「竜宮」は未読です。
面白そうですねえ。
不思議なお話、好きなんです(笑)
今度読んでみたいと思っています。

みいさん、コメントありがとうございます(*゚▽゚)ノ
この「龍宮」は、あの「センセイの鞄」とは全く異なる作風で、別人の作品かと思ってしまいます。
でも、作者独特の男女の見方は読んでいくと同様に深く、おもしろいものです。

まるで夢でも見ているかのような奇想天外なストーリー、おもしろいですよ!(*^^*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65505/56990726

この記事へのトラックバック一覧です: ゆめまぼろしのような小説:

« おじいちゃんルックの話 | トップページ | 『宝塚夜話・第八夜 < 退団後の生徒が気になる > 』 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック