フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 【ビートルズひとり雑談・第七談(達人100人のランキング本)】 | トップページ | 「芸人の肖像」を読んだ(見た) »

2013/04/23

『オーシャンズ11』で宝塚デビューに付き合った

20130421_oceans11


現在東京で行われている宝塚歌劇・花組公演『オーシャンズ11』ですが、このあいだは私に「宝塚デビューさせてください」と志願してきた男子を無事デビューさせました(*^-^)

若い男子には珍しいというか、奇特というか、あえて宝塚をわざわざ東京まで出かけて行って見ようという志に驚き、チケットを何とか手に入れて無事東京宝塚劇場でデビューしてもらったわけです。

あまりミュージカルには馴れていなかったかもしれない彼は、二幕構成になっている今回の“一本もの”はちょっと辛かったかもしれません。
やや飽きていたかのような様子もうかがえましたが、ラスト近辺に近づくに連れて正気に戻って来た感じ(*^_^*)

オマケ的に最後にミニショー的なものが付け加えられている部分にはかなり入り込んでいたので、通常のミュージカルとショーに分かれている公演の方が向くのかもしれない・・などと隣で観劇しながら思っていました。
これで、また「もう一度見たいです」と志願してくれば“本物”ですが、反応を待つことといたしましょう(*^。^*)

で、一緒に観劇した私の感想ですが、やはり専科から出演されている北翔海莉(ほくしょう・かいり)さんの姿が光り輝いていました。
この人は専科になってから、更に輝きを増したように感じます。
元々身につけていた芝居、ダンス、歌のセンスがさらにひと回り余裕をもって演じられていると感じました。
もちろん、お医者さんに変装する観客も期待する爆笑シーンでは、今回も貸し切り公演の「セディナ・ネタ」を使い“自由自在・縦横無尽”なアドリブを展開してさすがでした。

主演の蘭寿とむ(らんじゅ・とむ)さん、蘭乃はな(らんの・はな)さんも、円熟してきたように思います。
ラスト近辺で、二人が客席から現れ、ステージに向かうのを目で追っていたのですが、神々しいくらいのトップオーラが出ていました。
素晴らしいトップコンビに成長したと、たしかに感じました。

さらに悪役というか、でも憎めない役だった桜一花(さくら・いちか)さんは、もう観客を自分にぐっと引きつける何かを完全に自分のものにしていると思いました。ファントムのカルロッタを演じたときには、自分ではこうすればとわかっているのに遠慮していたのがわかりましたが、今回はそんなことはありませんでした。
一花さんがステージにいるときには、観客は一花さんの一挙手一投足に目をうばわれていました。
素晴らしい!!

もう一人の悪役というか、悪役の主役を演じた望海風斗(のぞみ・ふうと)さんもさらにさらに独特のベネディクト像を築き上げ、堂々たるものでした。
今回、一番の成長を見せたのはこの人ではないでしょうか。
ますます磨きをかけてもらいたいものです。良かったよ!'(*゚▽゚*)'

全体的にもさらに磨きと余裕が感じられました。
『オーシャンズ11』は、またひとつ宝塚歌劇の「持ちネタ」というか、宝物的演目になりました。
そして、花組は蘭寿さんがトップになってから、また新たなタイプの構築が完成の域に達しつつあるようです。

以上、男子宝塚デビューのお話と観劇のミックス掲載でした(*゚▽゚)


【NowPlaying】 Free As A Bird / The Beatles ( Rock )

« 【ビートルズひとり雑談・第七談(達人100人のランキング本)】 | トップページ | 「芸人の肖像」を読んだ(見た) »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『オーシャンズ11』で宝塚デビューに付き合った:

« 【ビートルズひとり雑談・第七談(達人100人のランキング本)】 | トップページ | 「芸人の肖像」を読んだ(見た) »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック