フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「モンテ・クリスト伯/ Amour de 99 ! ! 」強い衝撃を受けた | トップページ | そういう人なんだと思った »

2013/05/13

【妄想対談第4弾】ジョンと私の超妄想対談その2

【はっP】私の妄想、まだ尽きておりません(゚▽゚*)
ジョン、引き続き妄想対談よろしくお願いいたします。

【ジョン】前回で気分が良くなったので何でも答えるよ。よろしくな。


20130511_john06

【はっP】では、前回申し上げた私の好きなアルバムに突入する前に・・。
あなたの代表作というか、世界中でこのアルバムのテーマタイトルになっている「イマジン」という曲を知らない人はたぶんいないでしょうが、イマジンという楽曲そのものについて、そしてアルバムについてもお伺いします。
私には前回、「ジョンの魂」というアルバムは「書」のようだと申し上げましたが、この「イマジン」については、「宗教画」のような印象を受けました。

【ジョン】宗教画?

【はっP】イマジンの楽曲の中では「宗教のない世界を想像してみて」と歌われていますが、それこそが宗教的というか、日本人にとっては、宗教というものは世界的な視点でみると「無宗教」と映るかもしれませんが、実は宗教を意識しなくとも、“そこここ”に神が存在しているという考え方もできます。
それはヨーコさんの宗教観、世界観があなたに影響しているのではないかと私は想像したわけです。

【ジョン】・・そうかもしれないな。

【はっP】もっと言えば、イマジンの歌詞そのものが“ヨーコさん的”です。それにメロディも明らかにヨーコさんの持つメロディや雰囲気を湛えていると直感したのですが、違いますか?!

【ジョン】まさにそのとおりだ。楽曲「イマジン」はヨーコなくしては出来なかったと思うよ。お前は軽薄そうで、意外と核心を突いてくるな。

【はっP】だてにあなたを数十年追いかけているわけではないのですよ(゚▽゚*)大好きなんですよ、ジョン・レノンが・・・。

【ジョン】そうか、アルバム全体でも「宗教的」だと感じるのかな?

【はっP】ポールへの怨念のようなものも、あからさまに曲にしたり、ジェラス・ガイなどの名曲も非常に人間的な情緒を感じるのですが、それらが「ジョンの魂」とは異なってメロディアスに、謂わば人にわかりやすく訴えかけてくるのです。教会で宗教画を見るときのような静かな興奮が体を駆け巡るのです。


20130511_john04

【ジョン】なるほど。おもしろいな、お前の好きな「マインド・ゲームス」は、どんな印象だったんだ?

【はっP】ソロ活動をあなたが開始されてから、初めてバンド・サウンドを感じました。しかも、楽曲そのものも楽しめるし、楽器の演奏そのものもロック・ファンとして楽しめます。
これはソロ活動開始後初めての感覚でした。
それに、私が初めてリアルタイムであなたの新譜に接したのがこのアルバムなのです。
日本での発売は当時クリスマスの時期だったような記憶があります。
まさに、ロックに目覚めた少年が初めてあなたの新作を手にして「自分へのジョンからのクリスマス・プレゼントだ」と感じたわけです。
思い入れも人一倍ですd(^_^o)

【ジョン】そうか、そうか。
あの頃は、ニューヨークで3千マイル、太平洋の彼方を思って「You Are Here」などを書いたものだ。ヨーコの生まれた日本との距離を思い入れたっぷりに曲にした。
スタジオで寿司を取ったり、ヨーコの影響でオニオン・スライスに鰹節をかけ、インタビューに来た人たちにも食べさせたものだ。
皆、あのお金持ちのジョンが玉ねぎを生でシャクシャクと食べていたと、美味しいものを奢ってもらえると思っていたらがっかりだった、なんて書いてたんじゃないかな(*^。^*)

【はっP】当時は、あなたの精力的なアルバム制作過程が日本に伝わっていました。
そして、タイトル曲もヒットしたし、どの曲もサウンドもさることながら、演奏が良かった。
「I Know」のような、アコースティックな曲も良かったし、「Bring On The Lucie」みたいにノリの良い曲、「One Day」のようなメロディアスな曲も傑作だったし、「Meat City」は強烈なロックンロール・ナンバーでした。
「あいすいません」は日本人が一番驚きました。
ヨーコさんにあなたが、曲の中で「あいすいません」と謝っているのですから(^-^;

【ジョン】割と素直だろ、オレって(*´`*)
お前が言うように楽曲的にもなかなかイイ線いってたと思うよ、マインド・ゲームスは。

【はっP】興味深いご発言の数々、今回もありがとうございました。
そろそろ長くなってまいりましたので、続きは次回に譲りたいと思います。
次回は、ヨーコさんのアルバムやあなたのロックでブルースな一面にもふれたいと考えています。
どうか、あと1~2回はお付き合いただきたいです。

【ジョン】わかった。まかせておけ。
できるだけ、お前が喜ぶようなコメントをしてやろう。
じゃな!(b^ー°)


【NowPlaying】 “I Learned To Stutter”/Coffin Car / Yoko Ono ( Rock )

« 「モンテ・クリスト伯/ Amour de 99 ! ! 」強い衝撃を受けた | トップページ | そういう人なんだと思った »

The Beatles」カテゴリの記事

妄想対談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妄想対談第4弾】ジョンと私の超妄想対談その2:

« 「モンテ・クリスト伯/ Amour de 99 ! ! 」強い衝撃を受けた | トップページ | そういう人なんだと思った »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック