フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「路地裏ビルヂング」を読みました | トップページ | 【ビートルズひとり雑談・第九談(ビートルズをプロファイリングした本)】 »

2013/05/20

【妄想対談第6弾】ジョンと私の超妄想対談その4

妄想も続けば続くもので、ジョンと私の妄想対談も4回目、ここいらへんでそろそろ終わりにしたいと思います。
では、“妄想力”を発揮してまいります!


20130511_john03

【はっP】ジョン、前回にお話したように、まずは1969年の「ライブ・ピース・イン・トロント」のアルバムについてですが、私はこのアルバムのドキドキするような臨場感が好きなのです。

【ジョン】そうか、そうだろう。何といってもカナダに向かう飛行機の中で曲目を決め、飛行機の中でギターを弾いて合わせたのみで、一発で本番に望んでいるのだから。
曲が始まる前にステージ裏で恥ずかしい話だが、吐いてしまったのだ。
それほど緊張した。

【はっP】レコードの中でも「うまくいくかどうかわからないけど」と、あなたが言っているのが聞こえます。曲が始まると聞いているこちらもふるえが止まらない感じです。

【ジョン】「ブルー・スウェード・シューズ」「ディジー・ミス・リジー」が終わった頃にやっと高まりすぎた緊張もほぐれ、「ヤー・ブルース」に突入したんだ。

【はっP】この「ヤー・ブルース」は凄いですね。ど迫力です。クラプトンのソロとあなたの“破れかぶれ”というか、悲鳴のようなギターソロは凄まじかった。

【ジョン】B面に入ってから、ヨーコの叫びに色々とブーイングもあったようだけどな。気にするな。そういうことだ。あれがオレ達だったんだ。


20130511_john08

【はっP】了解です(^^;)
では、次にまいりまして、ヨーコさんの話が出ましたので、あなたたちのファーストアルバムと呼んでよろしいのかと思いますが、「トゥー・バージンズ」なんですけど。

20130511_john09

本日は発表されたジャケット(「自粛[NG]目隠し入り」と、「袋にくるまれた」状態の写真を用意・・私、所有しております)を掲載しております。

【ジョン】いろいろな本でも書かれているけど、当時の妻、シンシアの留守にヨーコを呼び込んで二人で一晩かけて録音した前衛的な作品だ。
賛否両論あるのはわかっているが、レコーディングが終わったあと、私たちは初めて結ばれた・・感慨深い作品だ。

【はっP】“賛否”ですか?!、「賛」があると・・。

【ジョン】文句あるのかっ!!

【はっP】いえ、いえ、いえ、いえ・・ありませんとも(;゜0゜)
ミュージック・コンクレートっていうんですか、畏れ入りました。

【ジョン】お前、バカにしてんだろ!

【はっP】めっそうもございません。・・次、行こう・・、では、ヨーコさんのソロ・アルバムについてお話したいと思います。

【ジョン】とっととやれっ!


20130511_yoko02

【はっP】(なんか、怒り出したよ・・でも、ヨーコのアルバムはけっこう好きなんだよね、私)・・ヨーコさんのアルバムのうち、特に私が好きなのは「無限の大宇宙」と「空間の感触」なんです。
ミュージシャンは、ジョン、あなたのアルバムと同じ顔ぶれだし、演奏はもちろんバッチリなんですけど、アルバムの存在感をとても感じるのです。

【ジョン】(゚▽゚*)そうか、ふざけたヤツだと思ったが少しいいところはあるようだな、お前。
たしかに、ヨーコの音楽性が前面に出ていて、他のロック・アーティストのアルバムと比べても存在感は確かにあるだろう。

20130511_yoko01

【はっP】曲も、曲順もいいんです。
自然に聞いていられて、しかもメロディも良い曲がたくさんあります。
タイトなリズムと、余裕を感じさせるプレイ、そしてヨーコさんのやや力を抜いた感じのボーカルが絶妙です、両作品とも。
実は「女性上位万歳」と「ラン・ラン・ラン」のシングル盤も当時、私、購入しているのです。迫力あるいい演奏と曲でした。

【ジョン】現在、一般の人が手に入れられるのかどうかわからんが、オレもいいアルバムだと思うよ。ヨーコのことをとやかく言う人は多いが、このアルバムを聞いてくれれば、ヨーコの音楽性の高さがわかると思うんだ。

【はっP】同感です。
ヨーコさんは、まだまだ息子のショーンさんと音楽活動でも活躍されることと思います。
長くなりましたが、この辺であなたと私の“妄想対談”お開きとさせていただきます。ありがとうございました。

【ジョン】こちらこそ、ありがとう。けっこう言いたいことが言えたと思うよ。ファンは大事だと思った。また会えたらうれしいよ。

【はっP】ありがとうございますっ!'(*゚▽゚*)'
また企画しちゃうかも(#^.^#)
お読みいただいた皆さんにも、ありがとうございました。これにて終了ですm(_ _)m


【NowPlaying】 Dig A Pony / The Beatles ( Rock )

« 「路地裏ビルヂング」を読みました | トップページ | 【ビートルズひとり雑談・第九談(ビートルズをプロファイリングした本)】 »

The Beatles」カテゴリの記事

妄想対談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妄想対談第6弾】ジョンと私の超妄想対談その4:

« 「路地裏ビルヂング」を読みました | トップページ | 【ビートルズひとり雑談・第九談(ビートルズをプロファイリングした本)】 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック