フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 今度は『ホリデイ』(The Holiday)を見た | トップページ | 杖をつくようになって »

2013/06/09

『バーレスク』(Burlesque)

20130609_barlesque01


借りていたDVD、表題の「バーレスク」もありましたので、ご紹介を。

2010年のアメリカ映画で、クリスティーナ・アギレラの映画初主演となるミュージカルものです。それも“ギンギン”のショー・ミュージカルです。

クリスティナ・アギレラ演ずる主人公は、歌手への夢を実現する為にアイオワからロサンゼルスに飛び出して来ます。
そこでテス(役:シェール)が経営する「バーレスク・ラウンジ」を見つけ、その舞台に立とうとします。

相手にされずに、ウェイターのジャック(役:キャム・ギガンデット)に頼み込んでウェイトレスとして働きながら舞台を観察し、きっかけを待ちます。


20130609_barlesque02

妊娠したバックダンサーの代役を得て舞台に上がったあとは、偶然の嫌がらせ(ステージ上で音声を消されてしまう)をきっかけにアカペラで音響なしに地声で自慢の歌唱力を披露することに・・・。
それが大好評でトップ・シンガーになっていくのですが、そこからが店を乗っ取ろうとし、ついでクリスティナ演ずるアリまでも手に入れようとする金持ちの男が現れたり、ルームシェアするバーテンダーとの友人から恋人への関係、さらにそのバーテンダーの婚約者が突然現れたりで、複雑で哀しくて、そして愛に満ちた人間関係を描いていきます。

それから、店の経営が苦しい中で、その店をどう立ち直らせるか・・という、自分を発掘してくれたマダム「テス」への恩返しのような関係・・などなどストーリーも十分楽しませてくれるものでした。

それに何と言ってもクリスティナ・アギレラの爆発するような圧倒的な歌唱力にはただただ惚れ惚れするばかり。

クリスティナの歌唱を私が初めて聞いたのは、ローリング・ストーンズのライブ映画「Shine A Light」でクリスティナがゲストとしてミック・ジャガーと「Live With Me」をダイナマイトに歌ったものでしたが、今回も負けず劣らずというか、さらに強烈に、しかもソフトな曲は絹のようなタッチで歌い上げ、完全に魅了されました。

映画中の舞台でのショーアップされたステージングも、“ショー大好き”な私には大満足のアメリカン・ショーでした。こういうのは大好きです。

アメリカの「ショー・エンターテイメント」を楽しむだけでも十分過ぎる映画に、さらにさまざまな人間関係、恋愛模様を織り込んだ秀作でした。


【NowPlaying】 ザ・メイン・イベント/ ファイト/ バーブラ・ストライサンド ( Pops )

« 今度は『ホリデイ』(The Holiday)を見た | トップページ | 杖をつくようになって »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『バーレスク』(Burlesque):

« 今度は『ホリデイ』(The Holiday)を見た | トップページ | 杖をつくようになって »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック