フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« いきなり聞いて“すごい”と思った曲 | トップページ | 超・居酒屋入門は“超”すごい本でした。 »

2013/08/17

今聞いても“独特の世界観”がある名曲【日本版】

前回はラジオを聞いていて思いついた洋楽の名曲を挙げてみましたが、今回は邦楽。
昔懐かしい私の大好きな『歌謡曲』から思い出してみましょう。

20130817_kassai01
『喝采/ちあきなおみ』
歌っている人自体の歌唱力も素晴らしいのですが、ちあきさんには不思議な人間的魅力もありました。
舞台でスポットライトを受け、喝采を浴びているその本人の三年前の姿・・・。それがまるで映画ように聞いている人々の心の中に投影される、まさに名曲中の名曲。
ちあきさんの、絞り出すような名唱に完全に世界にはまり込んでしまう。
今聞いても色褪せないのです。

20130817_mataauhimade01
『また逢う日まで/尾崎紀世彦』
不思議なもので、この「大人の別れ」を歌った曲は、子供から大人まで当時は皆が知っていて、歌えて、そしてなぜか別れていくのに希望が見えてくる・・そんな歌でした。
尾崎さんの力感あふれる歌唱がさらにこの曲の魅力を増していました。
たしか、元歌は別の人で、もっと軽い印象、メロディもちょっと異なっていたのじゃないかと思います。
今聞いてもこれも名曲です。


20130817_blue_light01
『ブルーライト・ヨコハマ/いしだあゆみ』
横浜の街の明かりと港の灯りが瞬く、そんな感じがイントロからいきなりキラキラと感じさせてくれます。
いしださんの“浮き世離れした感じ”の淡々とした歌い方がまた良いのですよね。
サビに入ってからの、独特の“節回し”が“こぶし”まで行かずに歌謡曲的・ポップス的なところでとどまっているのがまたいいのです。


20130817_blue01
『ブルーシャトウ/ジャッキー吉川とブルーコメッツ』
これも当時の歌謡曲の特徴か、いつの時代のどんな話なのかもわからない不思議な世界観の曲です。
ブルーコメッツはGS(当時流行ったグループ・サウンズという、いわばエレキ・バンドのことです)のひとつに数えられてはいたものの、タイガースやテンプターズ、スパイダースとは一線を画す本格的なムード歌謡的なバンドではなかったかと思います。
他の当時のGSとはちょっと異なる品のあるサウンドとコーラス。サックスが入る楽器構成で、日本中の人が歌える良いメロディと、軽快なリズムも心地よい名曲だったと思います。


20130817_manatsuno_dekigoto01
『真夏の出来事/平山三紀』
当時は“ノリの良い”軽快なポップス、みたいな印象がありましたが、よく聞いてみると冒頭から彼との別れを予感し、別れるために最果ての海までいって冷たい水面と二人のいつの間にか冷えた関係が歌われているのです。
ちょっと聞いた感じとは異なり、深い、悲しい曲なのですね。
弾むようなベースのリズムと当時らしい派手目なスネアとハイハットの使い方のドラムがまた素晴らしいサウンドを作り上げています。
サビではもう胸いっぱいの気持ちがこぼれるようです。
懐かしいなと思った人は、もう一度聞いてみて!


20130817_miki_seiko01_2
『まちぶせ/三木聖子・石川ひとみ』
これは、ユーミンの曲を最初にTBSテレビの「銀座Now」から売り出しを掛けた三木聖子さんが、そしてリバイバルで石川ひとみさんが歌い、石川さんの方がヒットした曲でした。
イントロのあのベースを聞いただけで当時に心が戻ってしまう人は、もうおじさん、おばさんになっているわけですが(^_^;)、これも永遠の名曲。
サビで声が裏返る部分では、もう皆胸がキュンキュンいってるわけですよ!(^^;)

20130817_hitomi_ishikawa01

当時の彼女がこの曲を聞いて、「この女おそろしいわぁ~」としみじみ言っていたのを思い出します。
・・・「あの娘が急になぜか きれいになったのは あなたとこんなふうに 会っているからなのね もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる」・・・すっごい歌詞です、たしかに。


【Now Playing】 さらば恋人 / 堺正章 ( 歌謡曲 )

« いきなり聞いて“すごい”と思った曲 | トップページ | 超・居酒屋入門は“超”すごい本でした。 »

音楽」カテゴリの記事

想い出交錯」カテゴリの記事

コメント

出遅れました(汗)
喝采、尾崎紀世彦、ブルーコメッツ、真夏の出来事etc
いーですね、いーですね♪
そのノリに便乗させてください。
乗車切符は、「お手やわらかに/夏木マリ」「黄昏のビギン/水原弘・ちあきなおみ」「愛は傷つきやすく/ヒデとロザンナ」ちょっと新しくなって「木曽は山の中/葛城ユキ」「ランナウェイ/シャネルズ」。。
ヤバイ止まらなくなってきた。
ランナウェイ(他にも大ヒットの曲はありますが)はブルコメの井上大輔さん作曲でした。ブルーシャトーを聞いていた時はそんなに才能豊かな人だとは知らずにいました。亡くなった時は私の昭和が終わった感じがしました。
ふぅ、今日はこのくらいで。

総武食堂さん、こんばんは(*゚▽゚)ノ
いいでしょう?(*^_^*)
「お手やわらかに/夏木マリ」は私のお気に入りの歌謡曲ですね。
「黄昏のビギン」は水原弘さんのものを実は聞いたことがありません。ちあきなおみさんのものは時々「名曲特集」みたいな番組で聞くことがあるのですが、珠玉の一曲ですね!
「ランナウェイ」が井上大輔さんの書いた曲とは知りませんでした。ちょっと想像がつかないですね。
井上さんの曲では、昔、コカコーラのCM曲があったと思いますが、それも名曲でした。
話は尽きないですねぇ(#^.^#)
また何曲か見つくろってアップしますね。
では、また! (*´∇`)ノ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今聞いても“独特の世界観”がある名曲【日本版】:

« いきなり聞いて“すごい”と思った曲 | トップページ | 超・居酒屋入門は“超”すごい本でした。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック