フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「Arsene Lupin / Fantastic Energy !」見ることができた【2/2】 | トップページ | 小原古邨(おはらこそん)が気になった »

2013/09/24

「どこから行っても遠い町」

20130901_kawakami_hiromi


『どこから行っても遠い町/川上弘美著(新潮文庫)』を読みました。
川上さんの小説には、いつもしみじみさせられてしまうのですが、男二人で奇妙な同居をしながら魚屋をやっている二人の話では、魚屋に住み込んでいるその男性が、魚屋の親父(もうおじいさんだが)の亡くなった妻の浮気相手だったりして、その不思議な関係には読んでいて不思議がる登場人物共々違和感と不思議感でいっぱいになりました。

主婦と姑の関係の話もありますが、それがまた通常のパターンではなくて、互いに変なヤツだとは思いつつ微妙な仲の良い関係になっている話もありました。
むしろ夫よりも互いに理解を深めつつあったりして、その不可解さがまた川上さんの小説の真骨頂でもあります。

小料理屋の女将と若い板前との三度のくっつき合いと、別れの繰り返しの話もありましたが、ただの色恋沙汰ではないところがまた読み甲斐のあるお話でした。女将の「女」としての理不尽というか、訳の分からないところも妙に人生の機微を感じさせてくれました。

この本に出てくる十一の短編は、全ての話がゆるくどこかで繋がっていて、結局世の中って、一言では語り尽くせないそれぞれの不可思議な物語が連なって成り立っているのだと思うと、私も身の回りが急にいとおしくなったりするのでした。

しんみりと深みにはまった本でした。


【Now Playing】 For You Blue / The Beatles ( Rock )

« 「Arsene Lupin / Fantastic Energy !」見ることができた【2/2】 | トップページ | 小原古邨(おはらこそん)が気になった »

家族・親子」カテゴリの記事

「恋愛」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65505/58257081

この記事へのトラックバック一覧です: 「どこから行っても遠い町」:

« 「Arsene Lupin / Fantastic Energy !」見ることができた【2/2】 | トップページ | 小原古邨(おはらこそん)が気になった »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック