フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 【簡単・3分宝塚講座 Vol.24(100周年を控えて現在の各組の状況は・・雪組編)】 | トップページ | 『宝塚夜話・第十一夜 < 宝塚が好きな気持ちをただ書いているだけ > 』 »

2013/09/05

【簡単・3分宝塚講座 Vol.25(100周年を控えて現在の各組の状況は・・星組編)】

20130904_star_troupe


花・月・雪組とご紹介してまいりました宝塚歌劇団各組紹介、今回は星組です。

星組のトップ男役は、柚希礼音(ゆずき・れおん)さん、娘役トップは夢咲ねね(ゆめさき・ねね)さんです。
柚希さんの愛称は「ちえ」さん、夢咲さんの愛称は芸名と同じく「ねね」ちゃんです。この二人をファンは『ちえ・ねねコンビ』と呼んでいます。
二人のトップコンビはもう四年にも達していて、来年の宝塚100周年をこの“黄金コンビ”の五年目として迎えようとしています。

お二人のコンビは正直、現在宝塚歌劇で一番集客力があると言ってよいと思います。
先の「ロミオとジュリエット」東京公演はチケットが全く手に入らない状態がずっと続いておりましたし、「ロミオとジュリエット」のあと、柚希さんのコンサート「REON」も全くチケット入手困難なのです。

柚希さんのファン層は厚く、少女から学生、二十代も三十代も、そして一公演に何度も劇場に足を運べるような“富裕層”の方々にもファンは多いようで、まさに宝塚歌劇にとっては、理想的なファン層を抱えているスターであると思います。

また、夢咲さんにも、多くの女性ファンがついていると、劇場ロビーなどでの“幕間トーク”を聞いていると感じることができます。

可愛くて“胸キュン”なアニメチック風物語から、大人の男女の“ワケあり”な恋愛もの、雄大なシチュエーションでの大河物語的な男女の関係、その他二人が今まで演じてきたものはどれもがファンの心に残り、完成度の高いものでした。
ファンの心を掴むのがとても上手い、そんなコンビです。

涼紫央(すずみ・しお)さんという、頼れる個性派男役の卒業があり、夢乃聖夏(ゆめの・せいか)さん、美弥るりか(みや・るりか)さんという主要男役スターの組替えもあって、一気に組の層が薄くなってしまったか、と思いきや、柚希さんの同期、十輝いりす(とき・いりす)さんの組替え加入で、心配も杞憂に終わりました。

現在は、“超個性派・二番手男役”紅ゆずる(くれない・ゆずる)さん、そしてこれぞ宝塚男役というルックスと存在感を示している2006年初舞台の三番手男役の真風涼帆(まかぜ・すずほ)さんを擁し、まさに万全の男役体制を築いているのが星組の現状です。

男役には、さらに鶴美舞夕(つるみ・まゆう)さん、壱城あずさ(いちじょう・ずさ)さん、天寿光希(てんじゅ・みつき)さんという、個性派かつ実力を十分に備えた人たちが揃っています。
ファンも単にトップスター目当てでなく、様々なスターに会いに劇場に足を向けることになるのです。

さらに、“生きのイイ”若手男役、礼真琴(れい・まこと)さんも、ロミオとジュリエットで、どんどん成長して、頼もしい限りです。

娘役では、歌の上手い実力派、音花ゆり(おとはな・ゆり)さんが舞台を引き締め、実力十分の音波みのり(おとは・みのり)さん、宝塚きっての美人娘役・早乙女わかば(さおとめ・わかば)さん・・歌がもうひとつか・・、専科の轟悠(とどろき・ゆう)さんと堂々の主演娘役として日本青年館公演で輝いた妃海風(ひなみ・ふう)さん、美人でしかも可愛くて、演技も上手い綺咲愛里(きさき・あいり)さんもいて、男役、娘役ともに層も厚く、充実しています。

まったく隙のないように見える星組ですが、ここはひとつ“さらなる高見”を目指して、今でも宝塚としては他組にはない雰囲気を持っているのですが、異境地に達してもらいたいものです。


【Now Playing】 Dream On / Aerosmith ( Rock )

« 【簡単・3分宝塚講座 Vol.24(100周年を控えて現在の各組の状況は・・雪組編)】 | トップページ | 『宝塚夜話・第十一夜 < 宝塚が好きな気持ちをただ書いているだけ > 』 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【簡単・3分宝塚講座 Vol.24(100周年を控えて現在の各組の状況は・・雪組編)】 | トップページ | 『宝塚夜話・第十一夜 < 宝塚が好きな気持ちをただ書いているだけ > 』 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック