フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 『宝塚夜話・第十一夜 < 宝塚が好きな気持ちをただ書いているだけ > 』 | トップページ | 「生存確率・バイタルサインあり」を少しずつ読んだ »

2013/09/07

【簡単・3分宝塚講座 Vol.26(100周年を控えて現在の各組の状況は・・宙組編)】

20130907_cosmos_troupe01


いろいろな反響をいただきました「簡単・3分宝塚講座」の各組ご紹介、今回は最後、「宙(そら)組」です。

宙組は、現在五組ある宝塚の組で一番最後に設けられた組です。
私から見た現在の宙組は、非常に現代的で未来的、特に男役陣は果敢に新たな演目に取り組んでいるという印象があります。
そして、それが男役の「華」とも言うべき宝塚専用劇場“大階段”での燕尾服で行う群舞の美しさ、格好良さに現われているように思います。

そんな宙組の“男の中の男”トップスターは、凰稀かなめ(おうき・かなめ)さん、娘役のトップスターは実咲凜音(みさき・りおん)さんです。

凰稀さんは、雪組から星組に組替えで二番手男役スターとなり、さらに宙組に再度二番手男役として組替え。そこで大空祐飛(おおぞら・ゆうひ)さんというプロデュース能力を兼ね備える希有なトップスターと出会い、組のまとめ方、舞台のまとめ方、演目のまとめ方まで目の当たりにすることができたと思います。

そんな凰稀さんがトップスターとなり、「銀河英雄伝説」という宙組にもってこいの未来的な演目と、個性を出しにくい主人公を見事に演じ切り、さらに「モンテクリスト伯」・・巌窟王です・・という天国から地獄、愛情から憎しみ、そして慈しみ、再び全てを超えた愛を短時間に表現する主役を巧みに演じました。
ルックスも王子様的であるにもかかわらず、「髭」を蓄えた初老の男も似合ってしまう、“いい”男役です。

娘役トップスターの実咲さんは、花組から組替えで来たのですが、花組時代を通し、役づくりが他の娘役とは異なり、自分の個性に引き寄せるのではなく、“役”そのものを演目ごとに、新たに構築していく印象があります。
なので、新しい公演を見に行くと、そこには前作とは別人の実咲さんが、役そのものの女性となり舞台に立っているのです。
初めて見るタイプの娘役トップスターでした。

トップを支える組子は、個性派女優の美風舞良(みかぜ・まいら)さん、歌唱力抜群の大海亜呼(おおみ・あこ)さん、宙組の高身長イケメン男役軍団をがっしりと支えまとめる悠未ひろ(ゆうみ・ひろ)さん(退団決意の報が悲しい・・)、雪組から組替えで来た、これまた芝居巧者で愛されキャラの緒月遠麻(おづき・とおま)さん、美しく凜々しい、しかも花のような男役・朝夏まなと(あさか・まなと)さん、宙組男役のキャプテン的存在で何でもこなせる蓮水ゆうや(はすみ・ゆうや)さん、難しい背景を持つ女性を演じさせたら宝塚でも有数の女優・純矢ちとせ(じゅんや・ちとせ)さん、美しいだけでなく、大人の女性も演じられる可憐な娘役・愛花ちさき(あいはな・ちさき)さん、強烈カッコイイヾ(≧∇≦*)〃男から、超ヤバい美女まで演じる男役・七海ひろき(ななみ・ひろき)さん、抜群のダンスセンスを見せてくれる美女・綾瀬あきな(あやせ・あきな)さん、花組トップ娘役の蘭乃はなさんの双子の実妹で芝居センスも舞台での娘役としての輝きもまぶしいすみれ乃麗(すみれの・れい)さん。

いやあ、枚挙に暇がないです。

若手では、毎公演成長著しい男役・愛月ひかる(あいづき・ひかる)さん、次代を支えるイケメン男役・蒼羽りく(そらはね・りく)さん、凰稀さんが二番手時代に舞台「ロバート・キャパ」で相手娘役をつとめた怜美うらら(れいみ・うらら)さんも注目の娘役です。
そして忘れてはならない、期待の若手男役・和希そら(かずき・そら)さん。
2010年初舞台ですが、早くも新人公演ではいい役をもらい、本公演でも目立つところに立つようになってきました。ダンスのキレも抜群です。

宙組は、二番手だった蘭寿とむ(らんじゅ・とむ)さん・・組替えで花組トップに・・、ずっと三番手をつとめていた貴重な男役・北翔海莉(ほくしょう・かいり)さん・・専科に異動・・、宙組男役を仕切っていた十輝いりす(とき・いりす)さん・・星組に組替え・・、鳳翔大(ほうしょう・だい)さん・・雪組に組替え・・、凪七瑠海(なぎな・るうみ)さん・・月組に組替え・・、と主要な男役をどんどん失っていったのにもかかわらず、相変わらずの充実ぶりです。

最後に、副組長の鈴奈沙也(すずな・さや)さんは、芝居では怪しい女や、悪い女、陰で支える女など、演技力を要する女性役には欠かせず、ショーでは、余裕ある歌唱力が舞台をよりいっそう華やかなものにしてくれます。
組長の寿つかさ(ことぶき・つかさ)さん・・愛称:すっしぃ(*^_^*)・・は、モンテクリスト伯では、渋い中に人間性とユーモアも感じさせる役を演じたり、その後の全国ツアーでは、観客を笑わせながらも、深く人を観察し、見守るような老齢の役までこなし、ただただ素晴らしい、と感動させてくださいます。
ショーでは、宙組の超イケメン男役軍団に加わり、堂々の大階段での男役群舞を見せてくれる格好良さも見せてくださるのです。

今回もほめてばっかり(#^.^#)の宙組ご紹介でしたが、お楽しみいただけましたでしょうか?!

これで五組全組のご紹介が終わりました。
今後は、また各組の公演観劇記を書きますね。
お楽しみ?に(*゚▽゚)ノ


【Now Playing】 あなた / 小坂明子 ( 歌謡曲 )

« 『宝塚夜話・第十一夜 < 宝塚が好きな気持ちをただ書いているだけ > 』 | トップページ | 「生存確率・バイタルサインあり」を少しずつ読んだ »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 『宝塚夜話・第十一夜 < 宝塚が好きな気持ちをただ書いているだけ > 』 | トップページ | 「生存確率・バイタルサインあり」を少しずつ読んだ »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック