フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「ガール・奥田英朗」を読んだ | トップページ | 気になること »

2013/10/17

「家日和」を読んだ

20131014_iebiyori01


『家日和/奥田英朗著(集英社文庫)』を読みました。
前回からずいぶんと時間が経ってしまったような気がしますが、脚・腰の痛みが続いていて、家に居る時間にもなかなか本に連続して向かえない状況なもので。

前回に続き、奥田さんの小説はとても読みやすいと感じたのですが、読んでいるうちに、実はこれはかなり勇気のいるものを書いていらしたことに、さすがの鈍感な私も気づき始めました。

特に収められている六遍の最後の作品「妻と玄米御飯」では、“ロハス”一色のよその夫婦を揶揄し、自分の妻の“ロハスかぶれ”のことまで書いてしまい、実際に本になってしまったらどうしよう・・と困りはじめる作家の話が書かれていて、「これは実話に限りなく近い」のだろうと思ったのでした。

妻と別居し、自分の独身の頃にやっていたように、部屋には本があふれ、アナログレコードを高級再生装置で聴いてみたり、インテリアを妻のインテリア雑誌から抜け出たような趣味から、一気に自分好みのものに変えていく男の話もなんだか“ワクワク”して読んだのですが、読みやすいこのストーリーの中には、家庭を持ち、それなりに何とか家族と暮らしている普通の人にも、日頃から心の中にある・・うまく言えない何かが存在していて、でもそれが自分でもよくわからずにいる。
そんな気持ちが、なぜかこのわかりやすく読みやすいストーリーの中にそっと描かれているのですね。

いやはや、意外に奥が深いのでは・・と思い始めたところで読み終えました。
読み終える寸前に居眠りしてしまい、この小説に描かれていた家族の一員になって、子どもの相談に乗っている父親役の自分の夢を見てしまいました。
今、不思議な気分になったまま読後感を綴っています。

前回の「ガール」と、この「家日和」をお貸しいただいたAiさん、ありがとうございました。
またこの人の作品を読んでみたいと思います。


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 日本薬剤師会・副会長 生出泉太郎 ( NHK-AM )

« 「ガール・奥田英朗」を読んだ | トップページ | 気になること »

家族・親子」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65505/58405162

この記事へのトラックバック一覧です: 「家日和」を読んだ:

« 「ガール・奥田英朗」を読んだ | トップページ | 気になること »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック