フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« お詫び | トップページ | 「家日和」を読んだ »

2013/10/14

「ガール・奥田英朗」を読んだ

20131014_girl01


『ガール/奥田英朗著(講談社文庫)』を職場のAiさんが「おもしろいですよ」と貸してくださって、この休みは身体の故障で苦しんでいるのですが、体を休めながら、合間に読みました。

これは、男性が著者にも関わらず、ほんとうに女性中心で、しかもたぶん・・ですけど、女性の“痒いところ”に手が届くような表現が多く、きっと女性が読んで共感できるような物語の5編であったように思います。

特に最後の一遍、「ひと回り」では、三十代半ばの独身女性社員にイケメン新入社員の一年間指導員が命ぜられるというストーリーで、イケメン社員に群がる女性社員達を蠅を追うように振り払う主人公の独身女性社員の様子があまりにもおかしかったのでした。

とにかく次から次へと出てくる女性の手練手管の裏側を解説するように見透かして追い払うさまに思わず吹き出したり、・・そうなんだな、知らんかった、気をつけねば・・などと男の弱みなども感じつつ読みました。

“どろどろ”になったり、恐ろしい罠が仕掛けられているという展開はなく、ラストも意外とあっさりとした展開で、すんなりと読むことができました。
特に女性はすっきりと読めるのではないでしょうか。
私としてはもうひと波乱あったり、何か奥に“イチモツ”あるような怖い展開も期待してしまったのですが、これがこの著者の持ち味であると思うので、なかなかの面白さでした。
同じ著者の作品を、もう一冊お借りしているので、そちらもまた読みましたら読後感をアップしたいと思います。


【Now Playing】 Nuages / Joe Pass ( Jazz )

« お詫び | トップページ | 「家日和」を読んだ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65505/58384163

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガール・奥田英朗」を読んだ:

« お詫び | トップページ | 「家日和」を読んだ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック