フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「家日和」を読んだ | トップページ | 女たちの住宅事情・・古い本だが読んでみた »

2013/10/20

気になること

ここ数年で特に気になることがあります。
このあいだも妻と電気屋さんに行き冷蔵庫の下見をしてきたのですが、帰宅してからいいと思ったメーカーのとある機種について検索エンジンで検索し、スペックなどを調べたことがありました。

で、もうその数時間後から、色々な検索エンジンや、その他ホームページで、さきほど検索した冷蔵庫のシリーズの広告が画面の端っこなどにページを飛んでも飛んでも現われるようになりました。
人によってそれぞれだとは思いますが、私にとっては、とても“不快”な気持ちになりました。

アマゾンで買い物しても(私自身の買い物はめったにしないが)、「これを買った人は、こんなものも買っています」というおすすめを無理矢理受けることになるのは、誰もが経験していることでしょう。

で、そんなことを前提としての私の経験ですが、私自身の買い物はめったにしないものの、妻、長男、長女、母、中学時代の先生などに頼まれたり、様々な事情で私の名前で買い物をしたことが何度もありました。

で、結果として、私がウェブを覗くと、その広告がたいへんなことになります。
亡き淡谷のり子さんのアルバム(CD)や、森進一、青江三奈、森繁久彌などの過去の作品群が・・中学時代の先生からのリクエストが原因か・・次々と画面に表示されたかと思うと、「赤毛のアン」に関わる書籍、「ピーターラビット」やその作者の「ポター」に関する文献・・妻の影響か・・が続々と紹介され、さらに、ゲーム、ゲーム音楽などのソフト、音源など・・長男の影響か・・も、これでもかと表示され、さらに長女が学園祭で使うために買った“コスプレ用・ウィッグ(かつらのことね)と、そのとき長女と検索したコスプレ衣装などもどんどん広告され、さらに“アニソン”のCDなども。
はっきり言ってうんざりです。

まとめると、こういったいわゆるビッグデータみたいなものの利用により、「ド演歌ファンで、ちょっと夢見る乙女的な小説にぞっこんで、ゲーム好き、コスプレもやって、アニメ好きなオッサン」・・私の購買行動からうかがえる人物像は、こういうことに(^_^;)なります。

笑って過ごせるうちはいいのですが、世の趨勢はどんどんそういうものを利用することに動いているわけで、かなり以前、とある省庁でのIT勉強会にて携帯ゲームの会社では「利用できる可能性のあるもの」として、登録者の朝夕の通勤の動きが手に取るようにわかり、今現在ではそういうデータは個人を特定しての利用はされていないと思い(本当は私は信用していない。人間は、その可能性があればそこまで行ってみたくなる動物だから)ますが、非常に不気味です。

私が子どもの頃、星新一の「声の網」という短編を読んだのですが、インターネットも何もない時代に現在の状況をほぼ現実どおり想像して描いている作品でした。
その作品では、あらゆるデータを活用して人々を思うがままにするのは、コンピューターでしたが、さしずめ現在は検索エンジンや、SNSを運営する会社、その他データを片っ端から集めている企業などが、自らを頂点に登り詰めさせるためにそんな行動をしているともとれるのです。私の考えだけど。

何を心配している、と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、そんなことになってしまってからでは遅い・・そんなこととは、誰かが膨大なデータを利用して頂点に立ち、人々を思い通りに動かす、または誘導することになりかねないということです。

と、ここまでが私の想像&妄想です。
あくまで妄想なので、激烈な反論お断りです。
戯言と思し召してお笑いください。


【Now Playing】 Circular Motion / Modea ( InstrumentalMusic )

« 「家日和」を読んだ | トップページ | 女たちの住宅事情・・古い本だが読んでみた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

こんな出来事あんな出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気になること:

« 「家日和」を読んだ | トップページ | 女たちの住宅事情・・古い本だが読んでみた »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック