フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 【3/3】ポールの日本公演を観た!聞いた!! | トップページ | 【2/2】JIN -仁- 月組版を見た 今度はショー『 Fantastic Energy !(グランド・レビュー)』について »

2013/11/25

【1/2】JIN -仁- 月組版を見た

20131124_jin_moontroupe01


宝塚歌劇・月組全国ツアー公演『JIN -仁-(グランステージ) / Fantastic Energy !(グランド・レビュー)』を見ました。
今回は、ミュージカル、ショーと2回に分けてご紹介しようと思います。

ミュージカル「仁」は、あの人気テレビ番組「仁」を宝塚がミュージカル化して昨年雪組が公演し、好評を博した作品です。
それを月組が全国ツアーということで、本公演の83人から34人という少数精鋭部隊で演じることとなりました。

主演の二人からそのほか主な役について、私が見た正直な感想を申し上げますと、まず主役、南方仁を演じた龍真咲(りゅう・まさき)さん。
トップとしての立ち位置も慣れてきたように思いますが、今回の南方仁の演じ方としては、今ひとつ、江戸時代にタイムスリップして、その時代の人々と関わりを持つ中で周囲の人たち皆に好かれていく、南方仁の人としての魅力に皆が惚れ込んでいく・・そんなところがあまり演じ切れていなかったという印象です。
私が見た感じだと、南方仁が孤独に見える部分が垣間見えて、前回雪組の音月桂(おとづき・けい)さんの医師としてやるべきこと、人としてすべきことに悩みながらも、一筋の光明を見つける姿に感動する・・と、そこまでは行かなかったように思いました。

同じく主演娘役の愛希れいか(まなき・れいか)さん。キリッとした武士の娘、そして南方仁に恋い焦がれる凜として、しかも初々しい役どころです。
愛希さんも熱演でしたが、やはり今ひとつ仁に恋をして、そして医師として仁が取る行動に胸熱くする部分がもうひとつ描ければ、と感じました。
思わず“頬笑ましい”と観客が感じてしまう、こぼれそうな恋心まで演じ切れればなお良かったと思います。


20131124_jin_moontroupe02

そして、坂本龍馬の沙央くらま(さお・くらま)さん。組替え前には雪組でこの演目にも出演して佐分利祐輔を演じ、見事だったことが記憶に残ります。
今回は大役、龍馬でしたが、雪組で早霧せいな(さぎり・せいな)さんが演じた龍馬は大言壮語したかと思うと、女に目が無くスケベ心を見せたり、男の優しい一面を見せたり、日本の未来を見つめながらふと寂しそうな表情を見せたりと満点の出来でした。
そこまで沙央さんが到達していたと思うかと問われれば、早霧さんに軍配が上がった印象です。
未来を見据えるスケール感と、その人物の魅力まで表現する・・という境地にはあと一歩かもしれません。
因みに、私は勝海舟を演じてもらった方が、沙央さんにとっても芸域を広げるためには良かったのかも・・などと老婆心ながら思いました。

そして、その勝海舟を演じた光月るう(こうづき・るう)さんは、雪組が専科から芝居巧者の北翔海莉(ほくしょう・かいり)さんの出演を得て公演していたので、比べるのは申し訳ないのですが、やはりスケール感という観点と、ストーリーを展開させていく役も担わなければならない部分もあるので、そこまでは手が回らなかったと感じました。

愛希さんの兄・橘恭太郎を演じた美弥るりか(みや・るりか)さんは、元々こういう役が似合うので合格点だと思いましたが、私はむしろ坂本龍馬を演じてもらい、美弥さんが解釈した坂本龍馬がどんなものになるのか見たかった気がします。

野風を演じた花陽みら(はなひ・みら)さんは、なかなかがんばっていました。
雪組の愛加あゆ(まなか・あゆ)さんと比べると、まだ“ゾクゾクッ”とするような女の色香というか、妖気とまで感じるあの域にはもう一踏ん張りという感じでした。

千吉の珠城りょう(たまき・りょう)さんは、やはり舞台上で非常に目立つものがあります。雪組の夢乃聖夏(ゆめの・せいか)さんと比べるのは酷かもしれませんが、あそこまでの存在感が出せればなお良かったと思います。

佐分利祐輔を演じた宇月颯(うづき・はやて)さんは、落ち着いて自分が見えている余裕の演技でした。
佐分利の役は、宇月さんには、役不足かもしれないとも感じました。
橘恭太郎を演じてもらって、きりりとした男役が見てみたかった・・というのが個人的感想です。

気になった人は、山田純庵を演じた千海華蘭(ちなみ・からん)さん。
とても舞台映えのする顔立ちと、素直な台詞回しがとても爽やかで印象に残りました。

全体的な印象としては、少数精鋭で、宝塚劇場のような舞台装置や大掛りなセットも組めない中で公演しているということを考えると立派な公演になっていると思いました。
そんな中、もう少しスケール感が出て、また登場人物個々のキャラクターがより豊かに表現されればなお素晴らしいものになるのでは、と思った次第です。
生意気言って申しわけありません。
やはり、雪組の非常に出来の良かった公演が脳裏にあって、今回の公演はなかなかいいものになっているのに、そんな感想になってしまうのでした。
どうかそこはご容赦ください。

次回はショーの方にふれてみたいと思います。


【Now Playing】 The Song Is You / Bruce Barth ( Jazz )

« 【3/3】ポールの日本公演を観た!聞いた!! | トップページ | 【2/2】JIN -仁- 月組版を見た 今度はショー『 Fantastic Energy !(グランド・レビュー)』について »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【1/2】JIN -仁- 月組版を見た:

« 【3/3】ポールの日本公演を観た!聞いた!! | トップページ | 【2/2】JIN -仁- 月組版を見た 今度はショー『 Fantastic Energy !(グランド・レビュー)』について »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック