フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 今年もしみじみ暮れてゆく・・2013年・宝塚歌劇を振り返ってみよう【その2】 | トップページ | まだ手習い中、いろいろ撮ってます…σ(^_^;) »

2013/12/30

今年もしみじみ暮れてゆく・・2013年・宝塚歌劇を振り返ってみよう【その3】

いよいよ後半「6月」からの観劇回想です。

[雪組・ベルサイユのばら-フェルゼン編-]

20131230_snow_troupe01

この雪組公演は、東京でのトップ二人、壮一帆(そう・かずほ)さん、愛加あゆ(まなか・あゆ)さんのお披露目公演でもありました。
「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」は、これも私は初めて見る作品でした。
ドキドキしながら幕が開けるのを待ち、私が見た回では、冒頭、愛加さんの音声が出ていなく、いきなりソロで歌う部分に突入!、どうするのか?!と見ていたら、愛加さんそのままあの大会場で地声で歌いきりました。全く動ぜず。
しかも、その歌声は二階席奥で聞いていた私にもはっきりと聞こえました!愛加さん、素晴らしいっ!!度胸も据わっている。
そして、トップ男役、壮さんもお披露目だなんて感じさせない落ち着きっぷりで堂々のお披露目となりました。
昔のトップスターを見ているかのような安定感と、“芝居カン”の良さも壮さんの持ち味です。
お二人にとっては上々の船出となりました。


[花組・戦国BASARA真田幸村編]

20131230_flower_troupe01

トップスター蘭寿とむ(らんじゅ・とむ)さんにとっては、宙組時代の「逆転裁判」というゲームのミュージカル化に続いての花組では初めてとなるゲームのミュージカル化でした。
会場も渋谷「ヒカリエ」の「シアター・オーブ」で、舞台装置も観客席も今までの日本青年館とは大きく異なる最新施設での上演となりました。
「戦国BASARA」は、今までの宝塚とはまったく違う出し物という印象でしたが、不思議と現在の花組にはマッチして、主演娘役の蘭乃はな(らんの・はな)さんのミニスカートの着物という衣装もなんの違和感もありませんでしたし、春風弥里(はるかぜ・みさと)さんのガンダム的なキャラも全然OK!d(^_^o)、見ている人達もとても喜んでいたと思います。
そして、月組から明日海りお(あすみ・りお)さんが組替えで事実上の二番手として入ってきたのもこの公演でした。
明日海さんが舞台に現われたときの、あたりの空気まで変わってしまうような雰囲気は“さすが”という感じでした。
蘭寿さん、明日海さんが並び立つ豪華なステージに、ファンは「おおっ」と、拍手する手も止まってしまうくらいの“神々しさ”を感じてしまったのでした。


続いて「7月」

[星組・ロミオとジュリエット ]

20131230_snoe_troupe01

「ロミオとジュリエット」は、もともと星組が宝塚で(日本で)初演となったフランス版のロックミュージカルでした。
満を持して東京にやって来た柚希礼音(ゆずき・れおん)さんと、夢咲ねね(ゆめさき・ねね)さんの黄金コンビは、どうだと言わんばかりの素晴らしいロミオとジュリエットを演じました。
パワフルで、躍動感があり、組全体が「力」を見せてくれました。
役替わりも有り、真風さんはティボルトを演じることでさらに身につけたものは大きなものであったことと思いますし、マーキューシオやベンヴォーリオの役替わりもファンにとって見応えがあり、しかもうれしいものでした。
特に礼真琴(れい・まこと)さんのベンヴォーリオは生き生きとしていました。


というわけで、次回は「8月」からです。
まだまだ続くなぁ(^^;)


【Now Playing】Let It Be / The Beatles ( Rock )

« 今年もしみじみ暮れてゆく・・2013年・宝塚歌劇を振り返ってみよう【その2】 | トップページ | まだ手習い中、いろいろ撮ってます…σ(^_^;) »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今年もしみじみ暮れてゆく・・2013年・宝塚歌劇を振り返ってみよう【その2】 | トップページ | まだ手習い中、いろいろ撮ってます…σ(^_^;) »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック