フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 飯岡駅ナカでの個展を見に行きました | トップページ | 森瑤子さんの1980年代の“男と女のおときばなし”を読んだ »

2014/03/10

『眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯に-』その2

20140309_star_troupe01


前回の宝塚歌劇団・星組東京公演観劇から再度その進化具合を確かめに出かけておりましたのでご報告を。
前回の観劇記では、柚希礼音(ゆずき・れおん)さん、夢咲ねね(ゆめさき・ねね)さんの主役以外の出演者があまり目立っていないようなことを書いたのですが、今回はかなり他の出演者の輪郭がくっきりとしていました。
それぞれが居場所を見つけたように存在し、セリフも力強く、このミュージカルの中で自らの言葉が出てきているようでした。

後の世から歴史の頁をめくるように父・ナポレオン・ボナパルトの生涯を振り返るストーリーテラー、ナポレオンⅡ世を演じた天寿光希(てんじゅ・みつき)さんは特にその存在感が顕著に演じられ、一緒に過去を振り返る引退後のマルモンを演じた専科の英真なおき(えま・なおき)さんと共に今回は“光り”ました。

元帥・マルモンの現役時代を演じた紅ゆずる(くれない・ゆずる)さんも、ミュラを演じた真風涼帆(まかぜ・すずほ)さんも、今回は打って変わって存在感が出ていたし、ナポレオンを取り巻く怒濤のストーリー展開の中で、それぞれがどういう位置で生きていたかが出てきていたと感じました。

娘役主演で、皇后・ジョセフィーヌを演じた夢咲ねねさんも、「女」として生き抜く人生の奥深さをちょっと怖いくらいに描いていたと思います。

主役・ナポレオンの柚希さんも、よりナポレオンという男の人間像が浮かび上がるように力強く演じていたと思いますし、特に二幕の腹心や家臣が次々と離れて行くシーンでの怒りと苦悩の表現が一回りも二回りも骨太になった印象がありました。

ナポレオンとキーマンの間に入ったり、国と国の駆け引きに狡猾な振る舞いを見せる、外務大臣役・タレーランを演じた専科の北翔海莉(ほくしょう・かいり)さんもさらに“裏で蠢く”度が増して、心憎い名演を見せてくれました。

さらに、夢咲・ジョセフィーヌの連れ子を演じた礼真琴(れい・まこと)さんの若々しく、堂々とした演技も“特筆もの”の好演であったと思います。やはりこの人には“華”があります。

今回は二度目の観劇でしたが、前回も書いたのですが、特に一幕目は“ぎゅうぎゅう”にエピソードを詰め込み過ぎではないかと感じました。
それに伴って、歌も間合いなく歌い上げ過ぎな印象でした。
舞台に立つ人も常に多すぎて、“お腹がいっぱい”感が強く、しかもどのシーンも宮殿内などの室内と戦場ばかりで、ストーリーも歌も詰め込まれている状態にさらにシーンの転換に閉塞感があって息苦しいような感覚がありました。

前回にも書きましたが、“余白”がないための現象ではないかと思います。
自然の只中にいるような風景のあるシーンなどで“息抜き”できる部分って必要なのでは?!とも思いました。

様子が変わってきたのは、二幕の柚希・ナポレオンが夢咲・ジョセフィーヌと離婚し、オーストリアの皇女・マリールイーズ、綺咲愛里(きさき・あいり)さんと結婚式を迎える辺りからでした。
恐ろしいナポレオンとの結婚にひとり泣いているマリールイーズにナポレオンが近づくシーン、一気に130キロ高速走行していた舞台がガクン・ガクンと5速から4速、3速とシフトダウンして、2速40キロで二人の間に世継ぎができる場面が流れ出すと、一気に“芝居”らしくなりました。
これは、ある意味、綺咲さんの美しさをたたえながら、落ち着いた演技によるところが大きかったのではないかと思いました。綺咲さん、なかなかのものを“持っている”と思いました。

そこから、急展開するナポレオンの人生も、様々な色の糸を紡ぐように舞台として面白いものになっていました。
一幕目がもう少し詰め込み過ぎないものになれば、このミュージカルは良いものになっていくのではないかと感じました。

というわけで、“進化する”のが舞台、そして宝塚であるということをあらためて感じた今回の観劇でした。

千秋楽までにはさらに変化・進化していくことと思います。
これからご覧になる方は、お楽しみに!(゚ー゚*)。oO


【Now Playing】 Hello Goodbye / The Beatles ( Rock )

« 飯岡駅ナカでの個展を見に行きました | トップページ | 森瑤子さんの1980年代の“男と女のおときばなし”を読んだ »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯に-』その2:

« 飯岡駅ナカでの個展を見に行きました | トップページ | 森瑤子さんの1980年代の“男と女のおときばなし”を読んだ »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック