フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 森瑤子さんの1980年代の“男と女のおときばなし”を読んだ | トップページ | 懐かしいご近所を歩いてみた【2/3】 »

2014/03/15

懐かしいご近所を歩いてみた【1/3】

20140315_nostalgia001

昨年脚腰を痛めてからようやく今年は杖無しでも歩き出し、少し長い距離にも慣れるため、ちょっとだけ遠回りにご近所を歩いてみました。

近年めっきり行かなくなった懐かしい所をたずねてみることにしました。

最初は、子供の頃よく遊んだ木の下。
あの頃は写真に見える建物は一軒も無く、道沿いにお茶の木が当時の私の背丈よりも高く植えられていて、あたりは一面麦畑でした。
ひばりが鳴きながら舞い降りるのですが、人間を騙すため、わざと遠くに降りて麦畑の中を歩いていくので、巣を見つけられることはほとんどありませんでした。


20140315_nostalgia002

次の写真は、仲の良かった友達の家の前の細い坂道だったところ。
当時はうっそうとして、暗く、舗装もされていませんでした。わざと学校帰りに遠回りしてこの道をその友達の泉君と歩いたことを思い出しました。


20140315_nostalgia003

次は表通りの街道を渡って外房線の踏切があるところ。
ここは車も通ることができない小さな踏切。
当時はもちろん舗装もありませんでしたし、写真に見える踏切の向こうは森林で、叔父さんと日曜日に山芋掘りに来たところでした。
今では見る影もありません。
小さい頃はここで従兄弟達と電車が来るのをずっと待っていました。
子供は電車を見るのが好きなんですよね。
当時は本数も少ないのに、何時間も待って数本の電車の通過を見ていました。

・・歩いているうちにどんどん懐かしくなり、さらに歩いてみたので、この続きはまた次回以降に・・(*´▽`)
それでは本日はここまで。


【Now Playing】 お昼寝 / 尾崎博志 ( Guitar )

« 森瑤子さんの1980年代の“男と女のおときばなし”を読んだ | トップページ | 懐かしいご近所を歩いてみた【2/3】 »

想い出交錯」カテゴリの記事

建物・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしいご近所を歩いてみた【1/3】:

« 森瑤子さんの1980年代の“男と女のおときばなし”を読んだ | トップページ | 懐かしいご近所を歩いてみた【2/3】 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック