フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 『眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯に-』その2 | トップページ | 懐かしいご近所を歩いてみた【1/3】 »

2014/03/12

森瑤子さんの1980年代の“男と女のおときばなし”を読んだ

20140312_fiabe_di_letto01


『ベッドのおとぎばなし/森瑤子著(文春文庫)』・・429ページを時間を掛けて読んだ。これまたブックオフで105円。

“バブル”の香りがプンプンとして、しかも携帯も無い時代、男も女も格好つけていて、行動は直接的、自らの満足のためにはけっこう卑怯な手段も平気で使う・・という男と女の愛の“おとぎばなし”が34の短編にこれでもか、と手を変え品を変え編まれていました。

途中までは面白がって読んでいましたが、だんだん呆れてもきました。
友人の配偶者に手を出したり、自分の妹の夫と関係を持ち、しらばっくれて妹の相談に乗る女、偶然の出会いの中での男女の駆け引きがいかにもエグい、そんな物語ばかりでしたが、最後まで読み切れば“いっぱし”の「ワケあり男女」通になったような気分にもなりました(^_^;)

現在ではほとんど無くなってしまったシチュエーションでの男女の恋愛模様を思い出してみようという年配者、または「こんな自分勝手でこれ見よがしな恋愛模様は初めて読んだ」という風に新鮮に感じていただける若者にも良書(悪書?)と言えるでしょう。
以上、オールド、バブリータイプ恋愛の短編盛りだくさん本のご紹介でした。


【Now Playing】 オールナイトニッポン・ゴールド / 小島慶子、ミッツ・マングローブ ( ニッポン放送 )

« 『眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯に-』その2 | トップページ | 懐かしいご近所を歩いてみた【1/3】 »

「恋愛」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65505/59282584

この記事へのトラックバック一覧です: 森瑤子さんの1980年代の“男と女のおときばなし”を読んだ:

« 『眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯に-』その2 | トップページ | 懐かしいご近所を歩いてみた【1/3】 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック