フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「ラスト・タイクーン/TAKARAZUKA 夢∞眩」行って来ました【1/2】 | トップページ | 「心中・恋の大和路」を観た »

2014/04/15

「ラスト・タイクーン/TAKARAZUKA 夢∞眩」行って来ました【2/2】

20140413_fiower_troupe02


前回に続いて、宝塚歌劇団・花組東京公演のショー『TAKARAZUKA 夢∞眩』についての感想です。
トップスター、蘭寿とむ(らんじゅ・とむ)さんのサヨナラ公演ということもあり、これまでの数々のステージで華麗に見せてくれた蘭寿さんの魅力を“ど派手”な衣装の数々と共にダンスの素晴らしさをこれでもかと見せつけ、観客を魅了してくれました。

花組のショーは、いきなりクライマックスに達するような急激な盛り上がりを見せてくれるのが特徴のような気がしますが、今回もそんな感じ。
もちろん蘭寿さんのラスト・ショーなわけで、観客も今か今かと待ちかねていたわけで、ステージも客席も初っ端から“飛ばして”いる感じd(^_^o)

蘭寿さんのダンスは他を圧倒するような“キレ”と“しなやかさ”を見せて冴え渡っていました。
相手娘役、蘭乃はな(らんの・はな)さんも、ダンスに関しては真飛聖(まとぶ・せい)さんから蘭寿さんとのコンビを経て、“スケール感”のあるものになりました。
二人のダンスも見どころあるものになっていました。

そして、明日海りお(あすみ・りお)さん、望海風斗(のぞみ・ふうと)さん、華形ひかる(はながた・ひかる)さんらがしっかりと脇を固め、花組らしい艶やかで華のあるショーとなりました。

今回は、若手の柚香光(ゆずか・れい)さんもかなりフィーチャリングされていて、将来のスター候補として一歩前に出た感じがしました。

蘭寿さんが銀橋(オーケストラ・ピット前に半円状に張り出しているエプロンステージ)を渡りステージを振り返ると組子が皆で蘭寿さんに心をこめて手を差し出すシーンがあり、気の早いファンは早くも最後の日を思い、涙したかもしれません。

そして大階段での男役・燕尾でのダンスは、宝塚最大の見せ場ですが、今回も格好良かった( ̄O ̄;)
今回蘭寿さんと共に退団される月央和沙(つきお・かずさ)さんと蘭寿さんの渾身のダンスは素晴らしかった!“ドーン”と伝わってくるものがありました。

今回、世界で活躍されている KENTO MORI さんが振付した場面も有り、新しいものも臆せずどんどん取り込む宝塚の心意気を感じました。

このショーもさらに今後良くなっていくと思います。
花組の素晴らしいショー、出来ればチケットを何とか手に入れてご覧いただきたい演目でした。
最後に蘭寿さん、今までの数々の素晴らしいステージ、ありがとうございました。素晴らしいトップスターでした。


【Now Playing】 Carry That Weight / The Beatles ( Rock )

« 「ラスト・タイクーン/TAKARAZUKA 夢∞眩」行って来ました【1/2】 | トップページ | 「心中・恋の大和路」を観た »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ラスト・タイクーン/TAKARAZUKA 夢∞眩」行って来ました【2/2】:

« 「ラスト・タイクーン/TAKARAZUKA 夢∞眩」行って来ました【1/2】 | トップページ | 「心中・恋の大和路」を観た »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック