フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« ウディ・アレン監督の40作目「人生万歳」を借りてきて見た | トップページ | 映画「RAILWAYS」2を借りてきて見た »

2014/05/05

『宝塚夜話・第十七夜 < 宝塚トップ伝説~熱狂の100年~ > 5月4日(日)午後9時~NHK・TV放送を見て』

20140504_takarazuka_100


表題の放送を見てみました。宝塚ファンとしては気になりますからね(^-^)

感想としては、NHKらしく変に強調したような部分も無く、きっちりと事実を編集して、良心的に作られていたと思いました。

“コテコテ”の宝塚ファンには物足りなかったと思いますし、自分のごひいきのトップスターについての時間が短いんじゃないのか、などと色々なご指摘はあるかと思いますが、人気ナンバーワンの柚希礼音(ゆずき・れおん)さんを中心に、間もなく東京宝塚劇場の公演で宝塚を卒業する蘭寿とむ(らんじゅ・とむ)さんもうまく入れ込んで作られていました。
あの時間内ではこれが目一杯の正解なような気がします。

宝塚歌劇をまだ劇場で観たことの無い方にはどう映ったのか・・、私も近年どっぷりと浸かっている状態なので、そういう方が見たら、というのが想像できなくなってしまいました。
ひょっとしたら“特殊”な世界で、敷居が高いな、行くのやめとこ・・というような感じ方をされた方もいらっしゃるかもしれません。
・・でも、そんなことはないですよ(*^^*)ほんとうに気楽に見に行って、楽しめる楽園です。
どうか、臆せず劇場に足をお運びください。期待を裏切ることはないでしょうd(^_^o)

きょうインターネットラジオのインタビューを受けたのですが、歌劇団は外国人客や、男性のお客さんをもっと動員したいと考えているらしく、私は「今までどおりの宝塚でよいのではないか」というお話をしました。

今の“人には「宝塚ファンです」と女性にしても、特に男性の場合は公言し難い状況”の方が変なギラギラした“ガハハ系オヤジ”が寄りつかなくてよいのではないかという思いからです。

もっと言うと(このブログでは何度も言っているけど・・)、『愛』と『正義』と『真実』の無い男は劇場に来なくもよい、というのが(^_^)私の意見でございます。
それと、外国人客を増やしたいということであれば、日本語の台詞を同時にイヤフォンで聞いてもらうか、舞台上に訳を流すようなシステムを導入しないと難しいと思います。・・でも、観光名物みたいになってしまうのは、真っ平ごめんです。

五組それぞれのトップスターが充実している現在の宝塚歌劇はまさに“見頃”です。周囲の隠れ宝塚ファンに相談すると、あなたにベストな宝塚大劇場・東京宝塚劇場デビューに尽力してくれることでしょう。
「宝塚見てみたいな」と独り言を職場などでつぶやいてみてください。気が付くと隠れ宝塚ファンがニコニコとあなたの背後から「見てみますか?」と声を掛けてくれます…σ(^_^;)


【Now Playing】 Eleanor Rigby / The Beatles ( Rock )

« ウディ・アレン監督の40作目「人生万歳」を借りてきて見た | トップページ | 映画「RAILWAYS」2を借りてきて見た »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウディ・アレン監督の40作目「人生万歳」を借りてきて見た | トップページ | 映画「RAILWAYS」2を借りてきて見た »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック