フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 映画「RAILWAYS」2を借りてきて見た | トップページ | 酒井順子さんの「箸の上げ下ろし」を読んだ »

2014/05/07

あの「佐藤優」さんの本、気になって読んでみた

20140506_masaru_sato01


『外務省に告ぐ/佐藤優著(新潮文庫)』を読みました。
外務省国際情報局にいた著者は、2002年に背任と偽計業務妨害容疑で逮捕、2005年執行猶予付き有罪判決を受けています。

出所後の著者の活動については、かなり目立っていますので、ご存知の方も多いでしょう。
作家としての活動(かなりの多産型)や、コメンテーターなどをしていますが、私が朝のラジオで良く聞く著者のコメントは外交の相手方の考え、そして日本の対応の裏に何があるのか、など、ものすごく明晰な分析力を感じます。

本屋さんに行ってもこの人の著作はとても多いですね。驚きです。

特に専門と言ってもよいロシアとの外交の裏側というか、裏話はまさに自らが直接経験してきたことなので、ものすごい臨場感をもって書かれていました。
もう、怒濤のように著者の持つ情報が流れてくるような印象でした。

また、外務省内の特権を濫用した蓄財の天才達の話、田中元外相が言っていた「伏魔殿」という表現がピッタリだと著者も認める外務省内の驚くべき事実、・・特にセクハラとパワハラについては、読んでいるとそんな生やさしいものではなくて、“犯罪”に相当するような内容が書かれていました。
たぶん全部本当のことなんだろうと思いました。読んでいてわかります。

とにかく読んでいて「え~っ、そんなことがあの時にあったの!」という裏話的なことがぎゅう詰めで、460頁のこの本、ずんずん読み進むことができました。

政治に無関心の私も、つい手に取って読んでしまった佐藤氏の本、まだまだ他にもたくさん出版されています。また本屋さんで見かけると読むことになってしまうかも。


【Now Playing】 エキサイト・ベースボール・ジョッキー / 中畑清他 ( TBSラジオ )

« 映画「RAILWAYS」2を借りてきて見た | トップページ | 酒井順子さんの「箸の上げ下ろし」を読んだ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65505/59597752

この記事へのトラックバック一覧です: あの「佐藤優」さんの本、気になって読んでみた:

« 映画「RAILWAYS」2を借りてきて見た | トップページ | 酒井順子さんの「箸の上げ下ろし」を読んだ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック