フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 酒井順子さんの「箸の上げ下ろし」を読んだ | トップページ | 「シーサイドモーテル」を借りてきて見た »

2014/05/10

ゆったりと読んだ椎名誠さんの本

20140508_makoto_shiina01


『カープ島サカナ大作戦/椎名誠著(文春文庫)』をブックオフにて86円で購入。
15年前の本ですが、楽しみながら読むには持って来いの椎名さんのあっちに行ったりこっちに来たりの旅と周囲のいろいろな人達との交流が書かれています。

この時代の椎名さんは、奥さんがチベットに4千キロの馬の旅に出かけていたり、子供さんはアメリカが生活の根拠地となっていて、家に帰っても“自宅単身赴任”状態で、独身生活みたいな様相です。
たまに子供さんがアメリカからやって来てもわずか一日会って、まるですれ違いみたいな感じです。

このとき椎名さんは50代半ば、そんな時期にほぼひとりの生活をするってどういうんだろう?と思いますが、この本みたいになれたらちょっと幸せかもしれません。

相変わらず日本のホテル・旅館への苦情みたいなお話もありますが、それがまたいつも面白い。

また、この時期、椎名さんは映画を作り、賞も貰っていて、その上映のため全国を巡っていたりします。そこで出会う人や美味しい食べ物の話もあり、そして椎名さんが大好きなビールを“うぐうぐ”と飲むさまは読んでいるだけでこちらも幸せ気分になります(^-^)

椎名さんの生き方は豪快で、若い頃のケンカの話も出て来ますが、この頃でもまだ血気盛んな印象さえ感じます。
小さなプロレス団体の話も愉快だし、奄美大島などへのいつもの旅もほんとうに楽しそう、そこで食べた魚の話なども、これもいつもながら美味しそうでお腹をぐうぐう鳴らしながら読みました。

さらに椎名さんは、北海道にも一軒遊びや仕事をするために行く家を持っていて、それもまたうらやましい限りです。地元の魚屋さんとも仲良くなって、新鮮な魚を買ってきて、その別荘で独りビールと共に食する様がまたうらやましいのです。

ときどき、ちょっと気持ちの悪い「虫」の話なども毎回盛り込まれますが、それがまた椎名さんの独特の語り口で、背中がぞぞぞぞぉ~っとしてゆるい展開の中でアクセントとなっております(^^;)

楽しく読みました、椎名さんのいつもの本。
さて次は、・・まだまだ86円で購入したものが何冊かありますので、読んだらまたご紹介しますねd(^_^o)


【Now Playing】 Anytime At All / The Beatles ( Rock )

« 酒井順子さんの「箸の上げ下ろし」を読んだ | トップページ | 「シーサイドモーテル」を借りてきて見た »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65505/59617558

この記事へのトラックバック一覧です: ゆったりと読んだ椎名誠さんの本:

« 酒井順子さんの「箸の上げ下ろし」を読んだ | トップページ | 「シーサイドモーテル」を借りてきて見た »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック