フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 原田知世さんのNHK-TV「SONGS」出演について | トップページ | コメディ『第二章 -CHAPTER TWO by Neil Simon-』の舞台を見た »

2014/05/17

「人間は笑う葦(あし)である」を読んだ

20140517_kenji_tsuchiya01


『人間は笑う葦である/土屋賢二著(文春文庫)』を読みました。
またまたブックオフで86円!d(^_^o)

この人のエッセイは何度か読みましたが、最初の頃は笑って読んでいました。
日本人的な笑いよりも、よくある海外のちょっと“ひねった”皮肉の効いた笑いが楽しいのです。

今回読んだこの本は、文庫化が2001年とありますので、実際に書かれたのは15年以上前のことだと思います。
あらためてユーモアエッセイとして楽しもうとしたのですが、どうも笑いのパターンがいったん“ひっくり返して”可笑しいところがあるのですが、その先でもう一回“ひねった”形になっていて、そこまで“捻くり返し”て行くと、逆に「苦い」感じが残ってしまい、「後味」が悪いのです。

どこを読んでもそんな感じで、痛快に笑い飛ばす・・というふうにはならなかった、というのが正直な感想です。
わかりやすくいうと、「結局人は愛すべき存在である」というわけでなく、「人は煮ても焼いても食えない存在だ」ということになり・・いやな感じが残ってしまった。・・そんな印象でした。

特に身近な人達に対しての書きっぷりが、そんな印象が強く、書かれた人は笑って許してくれるのか・・許してくれるなら、人間が出来ているのか、それともそれを越えた仲良しなのか、一傍観者としての読み手の私は戸惑ってしまったのでした。

・・そんな感想です(^_^)。
さあ次の本に取り掛かるか。


【Now Playing】 永六輔その新世界 / 木村万里他 ( TBSラジオ )

« 原田知世さんのNHK-TV「SONGS」出演について | トップページ | コメディ『第二章 -CHAPTER TWO by Neil Simon-』の舞台を見た »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65505/59657338

この記事へのトラックバック一覧です: 「人間は笑う葦(あし)である」を読んだ:

« 原田知世さんのNHK-TV「SONGS」出演について | トップページ | コメディ『第二章 -CHAPTER TWO by Neil Simon-』の舞台を見た »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック