フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 小泉八雲集を読みました | トップページ | 「焼き餃子と名画座」・・女性エッセイストの味歩き本、読みました »

2014/06/25

負けに不思議の負け無し・・

2014_brazil01


このブログでは、あまりタイムリー過ぎる話題を避けているのですが、あえてちょっとだけ書こうと思います。

今までも早朝から、そして今朝もあの試合の予選リーグを応援しながら見ていた方も多いと思います。

結果はとても残念なことになりましたが、でも今回のタイトルにあるように、「負けに不思議の負け無し」という言葉、正確には『勝ちに“不思議の勝ち”有り、負けに“不思議の負け”無し』という言葉があるのをご存知でしょうか。

あの南海、ヤクルト、阪神、楽天、そしてアマチュア野球のシダックスの監督をされた野村克也監督がよく使う言葉です。

要するに、「何で勝っちゃったんだろう」というのは有るかもしれないが、「何で負けちゃったんだろう」というのは無いってことですよね。
負けには必ず明白な理由があって、誰もがそこに気付いて修正し、対策を練れば、“勝ち”に近づいていけるということをおっしゃっているのだと思います。

大会が始まる前からも、そして第一戦、第二戦が終わったときにも、解説者と呼ばれている人や、コメンテーターみたいな人達は「やってくれるでしょう」とか、「期待しましょう」とか、そんな言葉ばかりが聞かれました。

これって「不思議の勝ち」が“タナボタ”で転がり込んで来るのを待っているように聞こえました。
FIFAのランキングを見ても、今回の結果どおりの順位になっていて、この予選リーグを勝ち上がるということは並大抵のことでは無理っていうのが、本当のところだったのかもしれないと思いました(思っていました)。
「これこれこういう理由で、こういう戦法を取り、相手のこういう戦い方に対して、こういう形になれば、勝利により近づくでしょう」っていう話はあまりというか、ほとんど皆無だったように思います。

“不思議の勝ち”を夢に描くばかりではこんなことになってしまうのかも、とふと感じたので書いてみました。

今大会では、意外な国が予選敗退し、サッカーに詳しい人には、“不思議の負け”とは映らないんじゃないでしょうか。それなりに明白な理由がきっとあるのだと思います。
次回までには、ぜひそこのところをトコトン修正して予選を勝ち上がり、ワールドカップに登場してほしいな、と思いました。
門外漢が失礼いたしました。怒らんといてね。


【Now Playing】 ニュース / NHK ( AMラジオ )

« 小泉八雲集を読みました | トップページ | 「焼き餃子と名画座」・・女性エッセイストの味歩き本、読みました »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 負けに不思議の負け無し・・:

« 小泉八雲集を読みました | トップページ | 「焼き餃子と名画座」・・女性エッセイストの味歩き本、読みました »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック