フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「しない生活」を読みました | トップページ | 『宝塚夜話・第十八夜 < 明日海りお(あすみ・りお)さんトップ・デビューについて >』 »

2014/06/15

くねくね文字の行方

20140615_makoto_shiina01


『くねくね文字の行方/椎名誠著(角川文庫)』を、これまたブックオフ価格86円で入手済みのものを読了。
1997年に「むはのむは固め」というタイトルで本の雑誌社から刊行された単行本を改題し文庫化したものです。

内容としては、椎名さんが映画を作り、それを持って全国を巡っていた頃の椎名さんの様子がエッセイとなったものでした。

この頃の椎名さんは“活き”がいいですね。タイトルは「くねくね文字の行方」などとなっていますが、ほぼ直球勝負の“三球三振”みたいなキレのいい書きっぷりですd(^_^o)

椎名さん、「働き盛り」で、週刊誌連載四誌、月刊誌連載三誌、月刊の日記、月刊の写真、隔月刊小説、およびエッセイ三誌、月刊の旅行記一誌、季刊の小説一誌、が現在の仕事だ、と書かれています。
ご本人も「締め切りのデスマッチリング」と言って(^^;)いますが、すごいです。
そこを縫って日本全国、海外も周り、文学賞の選考委員もいくつか引き受けています。
でも、きっと楽しかったんでしょうね、今見ると文章が踊っています(*´▽`)

私が初めて椎名さんを知ったのは、「本の雑誌」を東京の大きな書店で発見した時でした。
その雑誌自体が本好きにはこたえられない面白い内容でしたが、どこでも手に入るものではありませんでした。
私が当時買っていたのは、渋谷の旭堂書店・・?ちょっと記憶があやしいが・・でした。
そして、配本は本の雑誌をボランティア的に手伝っている学生が直に行い、通常の配本ルートを取っていないものでした。

しかも、いつ出るのか全くわからず、「隔月刊になった」と公言しても、実際は書店に並ぶのはさらに数ヶ月後なんてこともありましたっけ。

千葉では、セントラルプラザにあった多田屋にしか当時は置いていませんでした。
書店で見つけたときの喜びは大きく、むさぼるように読んだものです。

それ以来のファンなので、椎名さんの文を見ているだけで嬉しくて、そして幸せになるのです。

今回も“イキのいい”椎名節を過去の本ですが、堪能しました。

さて次は誰の本を読もうか・・(*^^*)


【Now Playing】 A Day In The Life / The Beatles ( Rock )

« 「しない生活」を読みました | トップページ | 『宝塚夜話・第十八夜 < 明日海りお(あすみ・りお)さんトップ・デビューについて >』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65505/59822473

この記事へのトラックバック一覧です: くねくね文字の行方:

« 「しない生活」を読みました | トップページ | 『宝塚夜話・第十八夜 < 明日海りお(あすみ・りお)さんトップ・デビューについて >』 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック