フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「思い出のマーニー」公開日に家族で見た | トップページ | 北大路魯山人の「料理王國」を読みました »

2014/07/20

船橋のビートルズ私設資料館を再訪して

20140720_funabashi05

7月20日(日)に二度目のビートルズ私設資料館訪問を果たしました。
今回の展示内容は、あのポール国立競技場・日本武道館ライブに向けて、ソロ活動及びウイングス時代のレコードなどを中心としたものでしたが・・・ポール、・・・あんなことになってしまって・・・。
その話題ももちろん出ましたが、もう終わったことで仕方ない、ということで心の整理をいたしましょう。あとはもう書かない!


20140720_funabashi02

資料館長の野口さんのコレクションは、ただもう驚くばかりですが、知っている人は知っているポール作の「ペニーナ」という妙な曲のレコードまで何種類か展示されていましたし、シングル盤「愛しのヘレン」のB面になっていた「カントリー・ドリーマー」を日本のバンドがレコードにしたものまでありました。噂には聞いていましたが、実物を見たのはもちろん初めて( ̄O ̄;)


20140720_funabashi03

20140720_funabashi07

またポールがビートルズ時代に曲を提供した映画「THE FAMILY WAY/ふたりだけの窓」のレコードも色々な国のものや、映画関連のパンフレット、資料も見せていただきました。

20140720_funabashi01

その他PR用のシングル盤や、ビートルズのSP盤まで、ただびっくりしながら見学いたしました。


20140720_funabashi04

20140720_funabashi06

施設見学後の後半は、部屋を替えてアナログ盤の視聴です。
部屋に飾られている写真は、全てネガから焼いたもの、あるいはそれに近いもので、アルバム「ラバー・ソウル」のジャケット写真の元になっているものも展示されていました。ジョンの肩口に糸くずがついていて、ジャケットにするときには修正したのだそうですd(^_^o)。中には糸くず付きでレコードジャケットになってしまった国もあるそうです・・、全然知らんかった。
よく、資料文献などに出てくる「アセテート盤」という簡易的にレコード盤の形にした盤も聞くことができました。

20140720_funabashi08

特にCDでしか出ていないと思っていたようなポールとジョンのアナログ・ライブ盤(ドイツ盤がけっこう出ているんですね)は、たしかにアナログでしか聞けない迫力というか、その場の雰囲気まで感じさせてくれるものでした。

それと驚いたのは、本日見学にいらしていた方々の知識や経験、そしてアナログ盤にかける意気込みはただ事ではなく、しかも話している内容の半分くらいが何を言っているのかわからない・・という、…σ(^_^;)・・けっこう“ヘコみ”ました。

同時に感じたのは、今の自分のビートルズとの関わり方はこのままでいいのかな、ということでした。
今の自分は、「より、ビートルズの楽曲に心を寄せる」そして、「作成していた頃のメンバーの気持ちや表現したかったこと」について楽しみながら接する、・・というような姿勢です。

ホームページにあれやこれや、楽しみながら書いたことなどは、あれはあれで意味があったのかな・・と、疑心暗鬼に陥りました。

もう一度原点に立ち返ってビートルズとどう付き合うか考えてみよう、などと思いつつ帰路につきました。


【Now Playing】 Love You To / The Beatles ( Rock )

« 「思い出のマーニー」公開日に家族で見た | トップページ | 北大路魯山人の「料理王國」を読みました »

The Beatles」カテゴリの記事

様々な交流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船橋のビートルズ私設資料館を再訪して:

« 「思い出のマーニー」公開日に家族で見た | トップページ | 北大路魯山人の「料理王國」を読みました »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック