フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 音の随筆集がおもしろかった | トップページ | 「タカラジェンヌの別れの言葉」を読んで【1/4】 »

2014/08/27

「一夢庵風流記・前田慶次/ My Dream TAKARAZUKA 」二度目の観劇がご厚意により実現

20180827_snow_troupe01


宝塚歌劇・雪組東京公演「一夢庵風流記 前田慶次/ My Dream TAKARAZUKA」。前回観劇記を書きましたが、私が炎天下に当日券を得ようと並んだことを書きましたら、チケットをお譲りいただける・・という“ありがたい”お話をいただきました。

お言葉に甘え、もう一度、壮一帆(そう・かずほ)さん、愛加あゆ(まなか・あゆ)さんのトップコンビのサヨナラ公演を観ることができました。
ありがとうございました<(_ _)>

何回か同じ公演を観るときにいつも感じるのですが、まさに舞台は“生もの”、「宝塚傾奇絵巻・前田慶次」は、前回観たときからはずいぶんと“こなれて”いました。
主役の壮さんも完全に前田慶次になりきっているように思いました。
台詞も所作も無駄が無く、隙の無いものになっていました。どんどんブラッシュアップされてくるのですね。

前回は、夢乃聖夏(ゆめの・せいか)さん演ずる「深草重太夫」の元気な演技が、一部観客との間合いが合わないような部分があったのですが、たぶんそれは、本場宝塚大劇場のお客さんとの間合いが残っていてそうなっていたのではないかと思います。
現在では、東京のお客さんの「気」を掴んで、笑わせ方も、盛り上げ方も、共感を呼び寄せる部分もバッチリでしたd(^_^o)

終盤、銀橋に座り込んだ壮さんの姿は、前田慶次はこんな人だったんだろうな・・と思わずその時代にタイムスリップするような感覚にさえなりました。

相手娘役の愛加あゆ(まなか・あゆ)さん、二番手スターの早霧せいな(さぎり・せいな)さんらとの呼吸もぴたりと合ってこの演目が完成形に近づいていると感じました。

ショー「My Dream TAKARAZUKA」は、プロローグから圧倒的で、壮さん、愛加さんが銀色の衣装、そして組子達はブルーの衣装で銀橋を含めたステージ全体を使い、最初っから胸がいっぱいになりました。

今回、壮さんと共に退団されるベテランの未涼亜希(みすず・あき)さんも大きくフィーチャリングされているコーナーが有り、観客からは惜しみない拍手が!(*´▽`)

また、次期娘役トップが決定している咲妃みゆ(さきひ・みゆ)さんの、ショーでの袖からスパッと入ってきて、お客さんの視線をスッと持ってくるうまさにも舌を巻きました。

前回も書きましたが、宇崎竜童・阿木燿子コンビの曲は、恥ずかしくなるくらい真っ正直なピュアなものでしたが、それがまた壮・愛加コンビにぴったりとくるのです。
私の周囲のお客さんも涙を拭きながらオペラグラスをのぞき込んでいました。
もちろん、私も・・(^^;)

ラスト近辺、紫の衣装でデュエットダンスを繰り広げ、丁寧にしかも情熱的に、そして愛加さんの笑顔いっぱいのステージには、トップになられてからのお二人のステージが浮かび上がって“ジーン”として、見ているこちらが幸せいっぱいな気分になりました。

お芝居では、「日本物の雪組」の真骨頂を見せていただき、ショーでは、激しい曲でも“しっとり”とした大人の空間を感じさせる雪組の素晴らしさを十分感じました。

今回は、もう見られないと思っていた壮さんのサヨナラ公演を“Tちゃん”さんのご厚意で再度観劇できました。ありがとうございました。そして、やっぱりまた泣いちゃいました…σ(^_^;)


【Now Playing】 雪山賛歌 / ダークダックス ( 歌謡曲 )

« 音の随筆集がおもしろかった | トップページ | 「タカラジェンヌの別れの言葉」を読んで【1/4】 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 音の随筆集がおもしろかった | トップページ | 「タカラジェンヌの別れの言葉」を読んで【1/4】 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック