フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 『宝塚夜話・第二十五夜 < 今度は私がもう一度見たい、上演して欲しい宝塚歌劇【1/2】 >』 | トップページ | 「ビジュアル版 ザ・ビートルズ全史」楽しんで読んでます(*^_^*) »

2014/12/31

『宝塚夜話・第二十六夜 < 今度は私がもう一度見たい、上演して欲しい宝塚歌劇【2/2】 >』

20141229_takarazuka02


前回から打って変わって、今回は近年に演じられた作品から再演希望の演目を挙げてみたいと思います。※前々回のアンケートの記事で取り上げた演目は除きます。

〇太王四神記(幻想歌舞劇) 花組 2009年
韓流の大河ドラマ的な物語をわずか二時間半の宝塚サイズに短縮したものですが、初演の花組、未涼亜希(みすず・あき)さんの絶妙の語りによって観客はストーリーの流れを読むことができました。
星組でも再演しましたが、そこでは未涼さんの役割はカットされていました。それが残念、・・やはり未涼さんでなければ難しかったのか・・。
今でも初演の未涼さんのヒョンゴ(コムル村の村長)と愛音羽麗(あいね・はれい)さんが演じたスジニ(主演「キハ※女性」の生き別れの妹)の印象は強く、また大空祐飛(おおぞら・ゆうひ)さんが演じたヨン・ホゲ(主演・タムドクの従兄弟)など素晴らしいキャラクターが次々と現われる壮大で勇壮なこの演目には心躍りました。
セットも衣装も、闘いのシーンも見逃せないものでした。これはまた見てみたいと思いました。

〇HAMLET ! ! (ロック・オペラ) 月組 2010年
月組・龍真咲(りゅう・まさき)さんが、花組に行く前の蘭乃はな(らんの・はな)さんを相手娘役・オフィーリアとして演じた、早口セリフ満載の演者には難しいシェイクスピア・ロック劇でした。
テンポ良く、ストーリーも展開早く、登場人物のキャラクターもそれぞれにクセがあり、宝塚には珍しいガツンと来る演目でした。イキのいい若手を主役に見てみたいものです。

〇ファンキー・サンシャイン(グランド・ショー) 宙組 2010年
「えぇ~っ?!」という声が聞こえてきそうですが、大空さん、蘭寿とむ(らんじゅ・とむ)さん、北翔海莉(ほくしょう・かいり)さんの超強力な三人と野々すみ花(のの・すみか)さん、花影アリス(はなかげ・ありす)さんら娘役陣も充実した宙組のファンキーで楽しい大娯楽作品でした。
とにかく楽しくて体が動いてしまう(大空さんも主題歌を歌いながら“ヘコヘコ”と(^^;)腰をふり)、衣装もきらびやかでカラフルなエンターテインメント・ショー、ぜひまた見たい!!

〇麗しのサブリナ(ミュージカル) 花組 2010年
前述の蘭乃さんが花組に組替えし、真飛聖(まとぶ・せい)さんと組んだ最初の演目でした。映画で見たあのテニスコートのシーンや、サブリナが木に昇っているシーン、ガレージのシーン、パーティーのシーンなど、宝塚にとっては、格好の(大道具さんの腕の見せどころ)舞台が出来上がり、優雅で、そして揺れ動く恋愛模様がたまらなく、観客をうっとりさせてくれました。
これも、ぜひ今の様変わりした各組のどこかに演じてもらいたいと思います。

〇愛と青春の旅立ち(ミュージカル) 星組 2010年
星組トップスターが柚希礼音(ゆずき・れおん)さん、そして鬼教官を演じたのが当時二番手だった凰稀かなめ(おうき・かなめ)さん・・名演でした・・、不幸な運命のいたずらに翻弄された紅ゆずる(くれない・ゆずる)さん、その紅さんを“ふった”白華れみ(しらはな・れみ)さんのいかにもずるい役など、色々なことが思い出され、これも映画の舞台化でしたが、大成功だったと思います。
これもまた見たいなぁ(*´▽`)

〇Le Paradis ! ! (レビュー) 花組 2011年
真飛さんのサヨナラ公演のショーの方でした。ちよっとお洒落なエスプリの効いた小粋なシーンが次々と出てくる、私好みのショーでした。傘やカフェでのメニューなどがダンスの小道具として使われて、それもまたとても魅せてくれました。そしてキメるところでは、圧倒的な群舞なども見せてくれました。
これも今の花組でやったら、またひと味違ったショーになるかもしれません。

〇カナリア 花組 2011年
これは私が見た壮一帆(そう・かずほ)さんの青年館公演以前にも演じられたことがあり、それも録画で見たことがあるのですが、演じ方によって様々な味わいが出てくる、そんな演目だと思います。
壮さんの“人間味ある”悪魔(^_^;)と、当時花組の実咲凜音(みさき・りおん)さん演じる“不幸のどん底の女”の組み合わせ、そして互いの心の変化など、見せ場はたくさん。
役者心のあるコンビにもう一度見せてもらいたいです。

〇我が愛は山の彼方に(宝塚グランド・ロマン) 月組 2011年
これは主演も準主演も主役であり、相手娘役はその両方との恋に悩むという難しい内容のものでした。初演はかなり前のものだと思いますが、私が見た月組の霧矢大夢(きりや・ひろむ)さん、龍真咲(りゅう・まさき)さん、蒼乃夕妃(あおの・ゆき)さんで描いた世界は、儚く哀しい物語でした。
誰もが胸に去来するものがあり、時の流れも静かに感じさせる素晴らしい演目だと思います。100周年以降もぜひ見てみたい作品です。

〇アリスの恋人(ラブ・アドベンチャー) 月組 2011年
従来の宝塚にはちょっと見られなかった、ラブリーで、不思議で、可愛く、そして普通のOLが酔っ払ってマンホールに落ち、ルイス・キャロルの世界にスリップしていくストーリーも女子には胸キュンな内容でしょう。
ダンスもいつもと違って可愛い振付で衣装も不思議の国のアリスそのもので、素敵な夢を見て、これは得した!'(*゚▽゚*)'って、そんなこの作品、また見たいものです。

〇オーシャンズ11(ミュージカル) 星組 2012年
星組と花組が既に演じておりますが、それぞれの組で配役された人達によって台本が同じなのに、大きく異なる結果となりました。
どちらがいい、というのでなく、これはそういう楽しみがある作品です。
さて、次のダニー・オーシャンは誰?!d(^_^o)

〇長い春の果てに(ミュージカル・ロマン) 花組 2012年
これも再演を私は見たのですが、そうなるだろうと思っちゃいるのだけど、いい話で、涙でグスッと鼻水をすするようなことになるわけです。
主役の周りには、過去の恋人と、現在の恋人、そして・・未来の恋人(少女)がいて・・劇的なシンデレラの靴が置いてあるラスト。
また見たぁ~いっ!!'(*゚▽゚*)'

〇近松・恋の道行(上方絵草紙) 花組 2012年
植田景子先生の「愛」に対する真実の心を敢えて現在の世に近松をモチーフに問うた力作を、愛音羽麗さん、実咲凜音さんが“心中物”の神髄として見せてくれました。二人の主役のバックに人形に扮した踊りを見せる役もあり、これも効果抜群でした。
再演、もちろん希望です。

〇JIN -仁- (グランステージ) 雪組 2012年
よくぞ、宝塚でこれをやってくれた!と、音月桂(おとづき・けい)さんと舞羽美海(まいはね・みみ)さん、そして日本物といえば雪組の皆さんに感謝したくなった感動作でした。
これは主役がいかに、タイムスリップした江戸の人達に好きになられていくのかが鍵に、そしてそこで出会った娘との淡い恋の表現も鍵になります。
歌のうまい、そしてハートのある主役でまたぜひあの感動を味わいたいです。

〇心中・恋の大和路 ~近松満座右衛門「冥土の飛脚」より~ (ミュージカル) 雪組 2014年
壮一帆さん、愛加あゆ(まなか・あゆ)さんお二人の渾身の演技には感動の嵐でした。そしてラストで絶唱とも言える歌唱を見せた未涼亜希さん、観客は息を呑んで見ているばかり・・そして幕が降りたのでした。静かな心中物なのに、すごい迫力の舞台、また日本物の雪組で再演されてはどうでしょうか。

〇PUCK(ミュージカル) 月組 2014年
私が見たのは、ついこのあいだの月組でしたが、二度目に見たときには、パックとハーミアの素敵な過去があるのに・・忘れてしまう・・でも忘れないきっと・・という、あのラスト、ストーンステージに主演二人がよじ登り、仲良く座っているとユーミンの作った主題歌が流れ、不覚にも涙を流してしまいました。そして近くの席の方達も涙を拭いていました。
そんな、はかない愛をもう一度いつか見たい、という方も多いでしょう。
7~8年後に、また月組で再演いかがでしょう。d(^_^o)

・・すっごぉ~く長くなりましたが、書き終えました。
きょうは、15分というわけにはまいりませんでした(^^;)
さて、ご覧のみなさんは、どんな演目をもう一度見たいですか?
考えているだけで、それだけで、楽しいんですよね。
だから、いいんですね、宝塚。(*^_^*)


【Now Playing】 We Three / Paul McCartney ( Standard Song )

« 『宝塚夜話・第二十五夜 < 今度は私がもう一度見たい、上演して欲しい宝塚歌劇【1/2】 >』 | トップページ | 「ビジュアル版 ザ・ビートルズ全史」楽しんで読んでます(*^_^*) »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『宝塚夜話・第二十五夜 < 今度は私がもう一度見たい、上演して欲しい宝塚歌劇【1/2】 >』 | トップページ | 「ビジュアル版 ザ・ビートルズ全史」楽しんで読んでます(*^_^*) »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック