フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 万城目学さんの初エッセイ集を読んだ | トップページ | 宝塚歌劇・宙組東京公演『白夜の誓い -グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い-(ミュージカル) /PHOENIX宝塚!! -蘇る愛-(グランド・ショー)』を観てまいりました。 »

2015/01/07

『宝塚夜話・第二十七夜 < 娘役の充実ぶりが良い >』

20150106_takarazuka01


写真は、月組娘役トップの愛希れいか(まなき・れいか)さん【右】と、宙組娘役トップの実咲凜音(みさき・りおん)さん【左】です。
二人は同期で2009年初舞台、まだまだ若手ですが、しっかりしてますよねぇ(^_^;)
愛希さんは、元々男役でデビューしていたのを途中から娘役に転向。その初期こそちょっと男役っぽさが残っていましたが、今や男役トップスターの龍真咲(りゅう・まさき)さんとショーのラストでデュエット・ダンスをするときなどは、“堂々のトップ娘役”という印象です。
キリッとした立ち姿が麗しく、龍さんと並ぶと非常に美しい絵に描いたような男女となります(゚ー゚*)。oO
早くも素敵なトップ娘役になりました。もう、アリスを演じていた頃の“可愛い”印象だけではありません。

そして実咲凜音さんも、花組時代に壮一帆(そう・かずほ)さんや、愛音羽麗(あいね・はれい)さんと組んでの主役としての公演を経て宙組に組替え。
宙組のトップ娘役として凰稀かなめ(おうき・かなめ)さんと組んで数々の舞台を見せてくれましたが、なかなかトップ男役との愛あふれるような演目には恵まれず、それでも期待どおりの演技巧者ぶりを見せてくれ、歌もなかなかのものです。
この人もインタビューなどで、しっかりした受け答えを明るくこなし、若さに似合わぬ落ち着きぶりに、「しっかりしているなぁ」といつも思います。

宙組には、怜美うらら(れいみ・うらら)さんという、実質二番手娘役が存在していますが、こちらも大人の女性の魅力をたたえています。
この方も本公演以外で主役を演じていますし、舞台度胸もかなりなものと感じました。
与えられた役を見事に“怜美流”に、美しい姿で見せてくれます。

次は、星組、夢咲ねね(ゆめさき・ねね)さん。
6年間もの長きに渡り、男役トップスターの柚希礼音(ゆずき・れおん)さんを支え、そして互いに研鑽を重ね、柚希さんと共に現在の宝塚を代表するトップコンビとなりました。
トップになったばかりの頃は、おばさまファンなどは、「ねねちゃんは二年くらいで次の娘役トップに交代ね、ちえちゃん(柚希さんのこと)には、次の相手役で更に飛躍してもらわないと・・」などという声も聞こえましたが、いやいやどうして、柚希さんがナポレオン・ボナパルトを演じた時には、夢咲さんもジョセフィーヌを大人の女として演じ、素晴らしいものでした。
この人も“しっかりしてるトップ”になりました。
次の娘役トップが決まっている、妃海風(ひなみ・ふう)さんも、若いに似合わず大変な度胸の持ち主で、専科の轟悠(とどろき・ゆう)さんと日本青年館で堂々の主演娘役を既につとめたことがあります。
この人も“しっかり者”で、しかも“元気はつらつ”です。

雪組のトップ娘役、咲妃みゆ(さきひ・みゆ)さんは、今、本場宝塚大劇場で、早霧せいな(さぎり・せいな)さん演じるルパン三世を向こうに回して、マリー・アントワネットを演じている真っ最中(゚ー゚*)。oO
既に昨年の日生劇場で早霧・咲妃の“幸せコンビ”としてプレお披露目をしています。
咲妃さんは、舞台だけを見ていると、とても若いのに、大女優の風格があります。とにかく、芝居がうまいっ!
そして、ショーなどでもキレの良い動きを見せ、“大物”で“しっかり者”の感があります。ステージを降りたときの初々しい、ちょっとドタバタした感じのギャップがこれまた良いのです(^_^)、この子もしっかり者です。早霧さんは安心していいと思いますd(^_^o)

花組は、真飛聖(まとぶ・せい)さん、蘭寿とむ(らんじゅ・とむ)さん、そして明日海りお(あすみ・りお)さんの三人の男役トップスターの相手娘役をつとめた蘭乃はな(らんの・はな)さんがついこの間までのトップ娘役。
エリザベート公演を最後に退団されましたが、当初、一見頼りなさそうに見えるような気もしたのですが、“大化け”して、娘役トップとしては、長きに渡った在任期間でした。
この人も意外と言ってはなんですが、タイプの異なる“しっかり者”でした。
そして、その後釜は、花乃まりあ(かの・まりあ)さん、私も観劇予定しているのですが、東京国際フォーラム公演「アーネスト・イン・ラブ」で明日海さんとのコンビをお披露目予定です。
宙組時代の「the WILD Meets the WILD」で現代の娘役らしい、素晴らしく活発な舞台さばきと歌唱を見せてくれたのをネットの動画で見せていただきました。この人も期待十分、間違いなく“しっかり者”の娘役として明日海さんを支えることでしょう。

というわけで、現在の宝塚歌劇は娘役の充実ぶりが目立ちます。
華麗なる男役トップスターだけでなく、娘役の層の厚さも見どころです、私も楽しみ'(*゚▽゚*)'

新年第一回目の観劇は宙組東京公演の予定です。
観劇記には、もちろん娘役の皆さんの様子も書くつもりでおりますので、お楽しみに!!(^-^)/☆


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 法政大学総長・田中優子他 ( NHK-AM )

« 万城目学さんの初エッセイ集を読んだ | トップページ | 宝塚歌劇・宙組東京公演『白夜の誓い -グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い-(ミュージカル) /PHOENIX宝塚!! -蘇る愛-(グランド・ショー)』を観てまいりました。 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『宝塚夜話・第二十七夜 < 娘役の充実ぶりが良い >』:

« 万城目学さんの初エッセイ集を読んだ | トップページ | 宝塚歌劇・宙組東京公演『白夜の誓い -グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い-(ミュージカル) /PHOENIX宝塚!! -蘇る愛-(グランド・ショー)』を観てまいりました。 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック