フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« ピース・又吉さんの「火花」を読みました | トップページ | 【ビートルズひとり雑談・第十四談 ビートルズ来日直前「少年サンデーのソノシート販売リストにビートルズの曲が・・」 】 »

2015/01/27

宝塚歌劇・宙組東京公演『白夜の誓い -グスタフⅢ世、誇り高き王の戦い-(ミュージカル) /PHOENIX宝塚!! -蘇る愛-(グランド・ショー)』二回目の観劇について感想を。

20150127_cosmos_troupe01

宙組トップスター・凰稀かなめ(おうき・かなめ)さんのサヨナラ公演、今回二回目の観劇をしましたので、その感想を書いてみます。前回よりは自分が素直に感じたことを中心に書いてみたいと思います。・・だいじょうぶかな、言い過ぎないように注意せねば(^_^)

ミュージカル・白夜の誓いは、前回が75点くらいだとすると95点くらいにがっしりと作り込まれてきた印象でした。トップ・凰稀さんはグスタフⅢ世をより内面的な部分を深く掘り下げてきたと感じました。それは鬼気迫るくらいの迫力でした。もちろん凰稀さんらしく、静かにクールに燃えている感じ。
それと、マントを羽織ったら凰稀さんにかなう“さばき”を見せる男役はいないでしょうね、いやこれはカッコイイ!!(*゚▽゚)ノ

それに続くように緒月遠麻(おづき・とおま)さんの元帥・アンカーストレム、圧政に苦しむ農夫であり、山賊でもあるニルスを演じた七海ひろき(ななみ・ひろき)さん、お二人は前回よりも力強く、演技にも重みと迫力が増し、相乗効果で組子全員がこの作品を全力で磨き上げている印象でした。
がっしりと骨組みをした作品に仕上がってきたと思います。

凰稀さんとトップコンビを組む娘役の実咲凜音(みさき・りおん)さんは、今回の舞台では今までにない演じ方をしていると思います。
今までの実咲さんの演じ方というのは、花組にいて、壮一帆(そう・かずほ)さんや愛音羽麗(あいね・はれい)さんと組んだ頃などからそうでしたが、台本を読み、演じてみて、その役の像を作り上げた上でその像に入り込むような印象でした。
つまり、役を自分の個性の側に持ってきて、自分らしい魅力を発揮するのでなく、作り上げた役の像に自分から入っていくので、その都度、公演ごとに別人のようなキャラクターを生み出していました。
それがまた実咲さんの演技の魅力であると私は感じていましたが、今回は、舞台上で役に成りきったときの実咲さん自身の感情を大切に、一気に自分の元々ある個性を役のソフィアに乗せたという印象です。
だから、今までの実咲さんとは異なる部分での、割と感情が客席に直接伝わってくる感じでした。


20150127_cosmos_troupe02

しかも、凰稀さんからは最近発売された宙組本でも書かれていましたが、実咲さんに対して「ついてきてほしい」ではなく、常に「一緒に並んでほしい」という、学年差も経験値の差も有る中で非常に厳しいリクエストをしてきたようで、今回の実咲さんの張り詰めた舞台の様子は、見ているこちらの心臓が張り裂けそうなくらいの緊張感が漂っていました。
これも今後トップ娘役を続けるための勉強、試練かもしれません。
千秋楽までその緊張の糸を張り詰めるのは大変だと思いますが、ラストまで頑張ってほしいです。

打って変わって、娘役二番手と言ってもいい存在の怜美うらら(れいみ・うらら)さんは、凰稀さんのグスタフⅢ世が「最も愛した人」と自ら妃である実咲ソフィアに告げてしまうほどの美しい未亡人を悠々と演じていて、本妻よりも主役凰稀さんに気にいられているのではないか、と舞台上の役と現実が私の頭の中で“一緒くた”になり、実咲さん、たいへんだったなぁと個人的に感じてしまうのですが・・・(凰稀さん、ほんとうは怜美さんと組みたかったのではないのか・・ロバート・キャパで組んだ頃は非常に二人の息が合っているように見えたし・・)、ええいっ、そんなこと考えちゃいかん!!(。>д<)私らしくないっ!

以上、書いてきましたように、ミュージカル・白夜の誓いは、完成形に近づいています。
そして、実咲さんのソフィアがロシアのエカテリーナ(役:純矢ちとせ/じゅんや・ちとせ)と互いの立場について舞台上二人で語る部分には客席のあちこちで泣いている人が・・素晴らしい演技でした。

ショーについては、実咲さんは極度の100%緊張状態から一部開放され、次期トップスターであり、相手役である朝夏まなと(あさか・まなと)さんとも組むシーンがあったりして、ちょっと慎重に、そしてちょっとリラックスして華やかに舞台を駆けめぐりました。

凰稀さんも緒月さんも、そして卒業が決まっている風羽玲亜(かざはね・れいあ)さんも大きくフィーチャリングされ、素晴らしい舞台を見せてくれました。
ミュージカルも満点でしたが、今回、ショーも満点でした(#^.^#)
あんまりいいと、・・泣いちゃうんだよねぇ(T_T)・・宙組の皆さん、ありがとうございます!宙組らしいスピーディーで華麗で、スケールの大きな、良い舞台でした。

まだ、この公演については観劇できるチャンスがありそうなので、今回のように一部個人的感情を露わにせず、次回は冷静にまた観劇記を書いてみたいと思います。


20150127_cosmos_troupe03

写真は、次回新トップコンビとなる朝夏まなとさんと、実咲凜音さんのお披露目公演『TOP HAT』のチラシです。
愛し合う大人のトップコンビの予感がいたします。実咲さんもニコニコしていて、それがうれしいっ(゚ー゚*)。oO


【Now Playing】 ニュース / NHK ( AMラジオ )

« ピース・又吉さんの「火花」を読みました | トップページ | 【ビートルズひとり雑談・第十四談 ビートルズ来日直前「少年サンデーのソノシート販売リストにビートルズの曲が・・」 】 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ピース・又吉さんの「火花」を読みました | トップページ | 【ビートルズひとり雑談・第十四談 ビートルズ来日直前「少年サンデーのソノシート販売リストにビートルズの曲が・・」 】 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック