フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 日本美の再発見をドイツの建築家におそわった | トップページ | 地下旅(ちかたび)!を読みました »

2015/04/17

【はっPのアナログ探訪_0029: Please Please Me / The Beatles (Single)】

20150417_please_please_me01

アナログ探訪、今回はビートルズの日本盤シングル・レコード、「プリーズ・プリーズ・ミー」です。
ビートルズのオリジナル曲で、英国での本格的ヒットは、このレコードから始まったと言えるでしょう。


20150417_please_please_me02

掛けてみて、あれ?・・と、思ったのは、ジョンの声がまるで子供の声のようです。
う~ん、B面も聞いてみたけど・・このレコード盤、ピッチがおかしい。
微妙に“早回し”しているように聞こえる( ̄O ̄;)
ためしにCDのモノ・マスターで聞いてみるとジョンの声は大人の声(^_^;)です。

そもそものレコード盤に刻まれている音自体の回転がおかしいのです。
昔はこんなんで良かったのでしょうか・・…σ(^_^;)


20150417_please_please_me03

ついでに、歌詞カードについていたD.J.高崎一郎さんの解説もすごい!ドラムは「ロリンゴ・スター」(^^;)と書かれていて、ポールの楽器は「バス・ギター」となっています。
ついでにビートルズ音楽は「原爆青年たちがドラムと電機ギターと時にはハーモニーを使って“騒音”を作り出す」と書かれ、ザ・ビートルズは無尽蔵のエネルギーを秘めた“原爆”、いや“水爆”です」となっていますΣ( ̄□ ̄;)
今、こんなことを書いたら不謹慎、非常識きわまりないのですが、なんともはや・・という解説でした。


20150417_please_please_me04

定価330円で売られていたらしいこのレコード、歌詞カードの裏には、オデオン・ヒット・レコード選としてヘレン・シャピロやクリフ・リチャード、アダモなどの名前も見えますd(^_^o)

おもちゃのような音のレコードでした。
赤く透き通った、東芝のエバー・クリーンレコード、当時の“電蓄”で聞くと、雰囲気が出てくるような音でした。

« 日本美の再発見をドイツの建築家におそわった | トップページ | 地下旅(ちかたび)!を読みました »

The Beatles」カテゴリの記事

はっPのアナログ探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 日本美の再発見をドイツの建築家におそわった | トップページ | 地下旅(ちかたび)!を読みました »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック