フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 根本的な解決なんて目指さない本 | トップページ | たまにはこんな話題も »

2015/05/22

前回のブログに続き、精神科医・和田秀樹さんの本について

20150522_hideki_wada02

前回「感情的にならない本」をご紹介した和田秀樹さんのこれまた別の本を読みましたので、感想を。
『自分は自分 人は人 -争わない「生き方」-/和田秀樹著(新講社)』です。

争わない人は、マイペース、敵をつくらない、人脈は自然につくるものと考える、生き方はしぶとく、どんな場面でも存在感がある、そしてどんな場面でも「まず動く」、一人の時間を大切にする、争うことよりじっくりつき合って話し合う、人生にはいろいろな「勝ち方」があることを知っている・・そんな人だという・・ (・_・;

争いは“争い好き”に任せておけって、こんなふうになるためには、やはり考え方の“コツ”があり、それをテクニック的に近いような形でも書かれていました。

ああでもない、こうでもないと口を出してくる人達の中(“人のダンゴ”と著者は言う)に捕まらないようにする、これは大事なようです。
私も経験がありますが、そういう人は、やることなすこと、とりあえず文句をつけておこうとします。
人が何かしようとすると、それについて嘲笑したりもします。
まずはこのダンゴから飛び出し、つかまらずに済むには、「すぐに動く」ことが大切なようです。
上述した「争わない人はマイペース」というのは、“すぐに動き”、どちらかというと“先行タイプ”で、追い込みタイプとは違うと著者は言います。

いざ先行してスタートしてみると、「まとわりつくものから自由になれる」と著者が言っていますので、実際に現在の職場で力まずに、そんな先行タイプの“まね事”をしてみると、書かれているとおり、まとわりつかれることもなく、さっさとやって、さっさと片付くものです。

それから、“気さく”な人になろう、とも書かれいて、そうなってくると、なぜかみんなから盛立てられ、「争わない人」は、ますます好循環の中で成長していくのだとも著者は言っています。今まで自身で試されていたということで、けっこう説得力ありました。

あとは、“礼儀”。
「こういう場合はどうふるまうか」、なんて迷わずに済ませるためには、常に「一対一の関係」で礼儀を考えよう、などと書かれているのですが、ここからは本を読んでいただくのが一番、あまり説明すると営業妨害になってしまいますので、この辺でやめておきます。

代役や代理という立場を“振られ”た時が、意外と大きなチャンスであったり、「これは自分の仕事じゃない」などと考える人は大きな勘違いをしている、など読んでいくうちに、納得の連続、うなずいてばかりの読書になりました。

前回ご紹介した「感情的にならない本」と共に、この“争わない生き方”を目指す「自分は自分 人は人」という本は、とても勉強になりました。

もう一冊、この著者の気になる本があって、まだ手に入れていませんが、「悪口を言う人は、なぜ、悪口を言うのか」という著書があることを知りました。
いじめ、パワハラの撃退法が書かれているらしいのです。
・・…σ(^_^;)入手し、読みましたら、またご紹介しますね。


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 遠藤ふき子 ( NHK-AM )

« 根本的な解決なんて目指さない本 | トップページ | たまにはこんな話題も »

「心と体」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65505/61630350

この記事へのトラックバック一覧です: 前回のブログに続き、精神科医・和田秀樹さんの本について:

« 根本的な解決なんて目指さない本 | トップページ | たまにはこんな話題も »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック