フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 【はっPのアナログ探訪_0057: 鋼鉄(ハガネ)のロック魂(Clear Air Turbulence) / イアン・ギラン・バンド(Ian Gillan Band) ( LP )】 | トップページ | 映画「彼は秘密の女ともだち」を見ました »

2015/08/30

気になる報道と物言い

20150830_kokkaigijidou

8月9日のこのブログで、政治的なことや話題の渦中にあることは避けているが、いくらなんでもと思ったので書く、と言って「結局何も変っていない」というタイトルでブログを書きました。同感との反応もいただき心強く思いました。
それっきりにしようかと思っていましたが、また書きたくなりましたのでもう一度。

今日は国会周辺で「安全保障関連法案」に反対する集会があったと報道がありました。
主催者側の発表では12万人の参加者、警察関係者の発表では3万3千人とのこと。

ヘリコプターから撮影された様子を見ると、どう見ても3万人程度とは思えない。
ものすごい数ですよ。東京ドームの観客数なんて問題じゃない、その何倍もあるくらい。
それを敢えて過少に発表する当局。そして報道についてもわざわざ両者の発表数を言って、「こういう数字になってます、私達には責任ないですから」・・という態度・・。
「報道するなら自分で行って確かめて来い」と言いたい。

facebookでの友達がシェアしていたマスコミへの一文がありました。
その一部をご紹介します。

<マスコミの方へ>
あなたは会社命令で情報の隠蔽、捏造をしていませんか
あなたは自分の良心との板ばさみになっていませんか
あなたにはまだジャーナリズムは残っていますか

まだ続きますが、私も上記のようなことを強く感じています。

ラジオのニッポン放送「そこまで言うか」という番組の中で、「平日に国会周辺に集まってデモしているヤツは昼間から働かず、勉強にも行かないヤツだ、ろくなヤツじゃない。」と発言したコメンテーターがいました。“ろくなヤツじゃない”のはお前だ。

デモをしているSEALDsに対しても、「安倍首相に対して辞めろという権利は選出選挙区の住民でもないのに何を言っている。憲法違反になるぞ」と同じ番組で別のコメンテーターが言っていましたが、「何ですか、首相に対して国民として感じていること。思っていることを言うと選挙区の住民でなければ憲法違反なんですか?これは言論統制じゃないの、どうしてただ国民として思っていることを発言する人を脅かすの?!」と聞きたい。

マスコミは何を怖がっているのでしょう。

ツイッターで俳優の渡辺謙さんがツイートした一文についても、それに対するネット上(SNSで見た)での物言いが大変気になりました。

以下、渡辺さんのツイートです。

一人も兵士が戦死しないで70年を過ごしてきたこの国。どんな経緯で出来た憲法であれ僕は世界に誇れると思う、戦争はしないんだと!複雑で利害が異なる隣国とも、ポケットに忍ばせた拳や石ころよりも最大の抑止力は友人であることだと思う。その為に僕は世界に友人を増やしたい。絵空事と笑われても。

渡辺さんがツイートしたのは上記のようなものです。
おかしなところはひとつもない。まっとうなコメントです。
それに対して私がSNSで見たコメントは、「いい役者さんになられたと思っていたところなのに、ねぇ」・・。

いい役者さんになられたと思っていたのに・・・なんだっていうんだ!
私がその次に来る言葉を想像してみると
①そんなことを言ってしまうと、干されますよ。
②増長して役者ふぜいが何を言っているんでしょ。
・・こんな感じじゃありませんか。
思っていたのに・・で切っているのが底意地の悪さを感じるし、卑怯な人間だと感じました。

今、私が思うことは、今回の法案について自分の意見を言う人に対し、「威圧したり」「バカにしたり」「ふんっと薄笑いを浮かべたり」そんなことをする人を怪しむことが大事じゃないかということです。

渡辺さんのツイートの件にも関連するのですが、「仕事が無くなっちゃうよ」という脅かしがあるにも関わらず正々堂々と意見を述べている芸能人が何人もいることに心強くも感じました。
つまらぬ脅しをするような“人でなし”のためにこの世の中があるわけではないのです。


【Now Playing】 地球楽団 / 橋幸夫 ( TBSラジオ )

« 【はっPのアナログ探訪_0057: 鋼鉄(ハガネ)のロック魂(Clear Air Turbulence) / イアン・ギラン・バンド(Ian Gillan Band) ( LP )】 | トップページ | 映画「彼は秘密の女ともだち」を見ました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

お怒りモード憑依」カテゴリの記事

社会の出来事」カテゴリの記事

コメント

自己コメントです。
きょう、このブログ記事の中で書いたニッポン放送の「そこまで言うか」という番組で、勝谷誠彦というコメンテーターが、またひどいことを言っていました。

「報道では、国会前の集会の参集人数を主催者側発表9万人、警察関係者の発表3万人と言っているが、そんなもん実数1万人だろう」
と言っていました。これこそ「捏造」以外の何ものでもない放送だ。公共放送でこういういい加減な数字を声高に挙げているのを聞いて耳を疑った。

また、「デモしている“ヤツ“(・・ヤツと言った)、デモしているヒマがあったらその時間をかけて改正法案全文を読み込んでろ」とも言った。
全文読み込むのは、政治家とあんたら怪しい評論家の仕事だ。
国民は、新聞やテレビ、ラジオその他で国会の様子を見聞きして、肌で感じたことを持って、そこから自分の考えを持ち、行動を起こせば良いのだ。
ふざけるな、と言いたい。

お久しぶりです、はっPさん。
もっと早く、レコードのこととかサンドのこととか(私も2月に愛犬を亡くしまして)コメントしたかったのですが今日に至ってしまいました。

改正法案、、総理も専門家(かな?)も「戦争法案じゃない」と言いますが、危機の迫っている事変に武力をもって参加するってことでしょ?もしそれが戦争に発展したら各国と足並みを揃えて参戦しなくてはならない状況になりますよね。だって戦争ならウチはやらないよってなわけにはいかないんですから。とりあえず今はこうだけど状況によっては変わるよというのが見え見えです。そうなれば今まで何でもなかった国から敵国視されるにことになるますよ。とっても危うい法案改正だと思います。
その時の指導者の判断に間違いがないといいのですがね。
この辺の漠然とした不安をどう払拭できるのかです。。
いっそのこといざとなったら戦争するよ!って言ってみろって思います。それで白黒つければいい。ごまかしなしで。

あと周辺危機への対応とか同盟国などを助けるために自衛隊に積極的に武器を使わせるって。。そんなに敵味方をはっきりさせちゃっていいのかな?って思います。

謙さんいいこといいますね。
世界に出ている人が感じることができる言葉だと思います。

お久しぶりです(#^.^#)総武食堂さん。
総武食堂さんが書いてくださった疑問、不安は私にしてもまったく同様の思いです。
法案に賛成の意を示している人、特に地方の市議会議員などのSNSでの発言を見ると、「戦争法案ではないのに、何を言っているんだ」ということばかり言っていて、こちらの疑問・不安には何一つ答えていません。
ブログ内にも書きましたが、“威圧”したり“小馬鹿”にしたりの発言ばかりで、その支援者が「本当に勉強不足のバカどもですよねぇ」などとおべんちゃらなコメントをしています。
総武食堂さんがおっしゃるような事態になったときに、いったいどうなるのか、という疑問に答えているところを未だ見聞きしておりません。
いつものおちゃらけたブログ内容から今回のようなことを書いたときの私の周囲の反応の変化は驚くばかりのものがありますが、今や私は職場で何も失うものがありませんので、どうってことありません。
今後もひょっとしたら我慢できずにこんなことを書くかもしれませんが、また時々のぞきに来てやってください!d(^_^o)

そうでした。。
テーマは「物言い」でした。
つい法案のことに踏み込んでしまい面目ありません。

ありましたよ、私も。カチンときたことが。
それは総理のコメントでした。
まるで小学生の低学年にでも解くように話し始めたかと思えば幼稚な例えまで使って説明していたつもりのようでしたが、何が言いたいのか全くわかりませんでした。
今の日本人、そんな口先だけの説明じゃ納得しませんよ。
バカにした話し方をしたうえ、伝わらないって、もうこの総理に発言させることには限界がきているように思います。

総武食堂さん、続いてコメントありがとうございます(#^.^#)
総武食堂さんが書かれた総理の委員会での答弁のこと。
私にも色々とその物言いについて思うことがありました。
いくら自分が嫌いな、そしてある意味小馬鹿にしている質問者であれ、相手の質問中に「早く質問しろよ」とか、「どっちだっていいだろう」みたいな総理らしからぬ下品な発言をしていました。
それは、自らの品位を下げるだけでなく、自分が存在している国会そのものを貶める行為で、その日の答弁が終わったあと自分で反省して・・いないだろうなぁ。
選挙で「数」というものを得て、権力も増強すると、人間ああなってしまうのだな、と思いました。
この様子は一時飛ぶ鳥を落とす勢いだった大阪のあの人のようです。そう言えば、総理はあの人を自分の方に取り込みたそうです・・さらに「数」を得られる、権力が拡大すると思っているのでしょう、「慢心」というものは人の格を下げるものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気になる報道と物言い:

« 【はっPのアナログ探訪_0057: 鋼鉄(ハガネ)のロック魂(Clear Air Turbulence) / イアン・ギラン・バンド(Ian Gillan Band) ( LP )】 | トップページ | 映画「彼は秘密の女ともだち」を見ました »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック