フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 【はっPのアナログ探訪_0058: Let It Be / The Beatles ( Single )】 | トップページ | 【はっPのアナログ探訪_0060: バラの恋人 / ザ・ワイルド・ワンズ ( Single )】 »

2015/09/03

【はっPのアナログ探訪_0059: It's Only Rock'n Roll / The Rolling Stones ( LP )】

20150902_r_stones01

このアルバムも久しぶりに聞きました。
全体の印象は、アルバムを通したサウンドも、エレクトリック・ギターの音色も“電気的”です。
アルバムタイトルと同名曲もストーンズらしいロックンロールですが、やはりギターもボーカルの音の録り方も“電気”な感じ。

アルバムに入っている曲にしても、「ベガーズ・バンケット」や「レット・イット・ブリード」のようにアコースティックを極度に意識させるものがあるわけでなく、当時の流行りの音をストーンズらしいコーティングで仕上げた感じがします。

A面ラストの「タイム・ウエイツ・フォー・ノー・ワン」は、イントロがまるで日本のムード歌謡のよう・・(^_^;)。
と、思っているうちに、メローなギターサウンドで浪々とソロが続き、ストーンズじゃないみたい(#^.^#)
そこにニッキー・ホプキンスのピアノがキラキラと入って来て、時代を感じさせる懐かしい曲調が、今のこの時代に聞くと当時を思い起こして胸がキューンとなりました。


20150902_r_stones03

このアルバムには、上記のニッキー・ホプキンスと、ビリー・プレストンというビートルズのレコードでもお馴染みのキーボードのお二人が参加しています。
ビリーのキーボードもガッツのある、ソウルを感じる素晴らしいものです。


20150902_r_stones02

B面に入っても、このアルバムを通しての一定のトーンが保たれ、当時のストーンズがこれだっ、と描いたロックというものを強く感じます。
そう言えば、この頃はギターにミック・テイラーがいて、そのサウンドの変化もうなずけるような気がします。

ライブなどでもよく取り上げてきた「フィンガープリント・ファイル」もカッコイイのですが、やはりこのサウンドも今ではあまり耳にしないものです。

あらためて聞いてみると、ストーンズはその時代のショート・スパンなとらえ方が上手く、流行のいいところは取り入れ、巧みに自分達の姿勢をくずすことなく、独自の世界を作り上げています。

レコードで聞くそのサウンドも、その“エレクトリック”な感じが妙にマッチしています。
いい時代のいいレコードといった印象です。

ストーンズについてもアナログ盤は多々所有していますので、今後もこの「アナログ探訪」でご紹介していきたいと思います。

« 【はっPのアナログ探訪_0058: Let It Be / The Beatles ( Single )】 | トップページ | 【はっPのアナログ探訪_0060: バラの恋人 / ザ・ワイルド・ワンズ ( Single )】 »

はっPのアナログ探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【はっPのアナログ探訪_0058: Let It Be / The Beatles ( Single )】 | トップページ | 【はっPのアナログ探訪_0060: バラの恋人 / ザ・ワイルド・ワンズ ( Single )】 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック