フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 【はっPのアナログ探訪_0066: サボテンの花 / チューリップ ( Single )】 | トップページ | 「今日もごちそうさまでした」を読んだ »

2015/09/21

Dragon Night に行って来た

20150919_dragon_night01

宝塚歌劇・月組・文京シビックホール15周年記念公演、ドラマティック・ドリーム『 Dragon Night 』に出掛けておりましたので、そのご報告を。
そして、この公演はトップスターの龍真咲(りゅう・まさき)さんのコンサートということになっております(^-^)

実際に観てみると、コンサートというよりも作・演出の藤井大介先生が描いた龍真咲“特盛りショー”という印象でした(*^_^*)

特に強く感じたのは、龍さん、けっこう歌い上げたり、ビブラートを効かせたり、歌唱力が問われるような曲目ばかりなのに、力強く歌いながらも舞うように軽やかに歌を披露していたことです。
熱唱というのとはちょっと違う、深く歌を感じさせる独特の歌唱に、今回あらためて「いいなあ」と思ったのでした。しかもあれだけ連続して力の入った歌い方をしているのに“歌疲れ”のようなものは微塵も感じませんでした。
これはトップスターとしての龍さんの“強み”であると、今回特に感じました。

一部 ActOne では、月組のショー能力の高さというか、次から次へと宝塚のショーの魅力の数々が艶やかに披露され、風のように様々なシーンが流れて行って、メンバーも少ない中でさすが月組だ、と感じました。

美弥るりか(みや・るりか)さん、珠城りょう(たまき・りょう)さんのお二人がそれぞれの魅力を十分に発揮され、お二人の異なる持ち味を存分に味わうことも出来ましたし、娘役の萌花ゆりあ(もえか・ゆりあ)さん、桜奈あい(さくらな・あい)さんの龍さんと絡んだダンスも魅せてくれました。この二人も見どころ十分なステージを見せてくれましたよ。


20150919_dragon_night02

休憩を入れて二部 ActTwo では、龍さんに因んで竜宮城の亀を龍さん、その他皆さん海の生物にコスプレしてのコミカルなシーンから始まり、日替わりメンバーと龍さんのトークコーナーへ突入。

私の見た回は、娘役の二人、夏月都(かげつ・みやこ)さんと白雪さち花(しらゆき・さちか)さんが龍さんとトークショーに臨みました。
で、いきなり夏月さんが「男役になりたかった、ベルばらのフィナーレでトップスターが踊る《小雨降る径》を龍さん娘役、自分は男役で踊りたい」!!!という強烈なリクエストにより、それが・・実現しました(^^;)
龍さんは亀さんから“わかめ”を演じた組子の髪飾りを借りて、わかめ乗せヘアーであの超かっこいいシーンに挑みましたd(^_^o)

夏月さん、めっちゃ“クサイ男役”になり、舞台上に居た白雪さんは「いまどきあんなコテコテな男役いないですよね、珍しい」と龍さんと共に“突っ込み”を入れますが、その気になった夏月さん、芸名を「小雨吹雪(こさめ・ふぶき)と名乗りだし、やる気まんまん(^_^;)
めっちゃ楽しい《小雨降る径》となりました。ああ楽しかった。

最後に三部 ActThree では、まずラテンショーが情熱的に繰り広げられましたが、まさかあのノバ・ボサノバやリオ・デ・ブラボーなどの数々のラテンショーがダイジェストで見られるとは思いませんでした。
これもまた月組の下級生までに及ぶ層の厚さを感じさせるショーの上手さ、綺麗な舞台運びに驚きました。ここでもさすがだなぁ、と唸りました。

そして、最後には最も宝塚らしいショーをゴージャスに龍さんを中心に見せてくれて、月組ファン、そして龍さんファンは満足だったのではないでしょうか。
ただ、私が感じたのは、もうひとつ“陰影”をつけたような構成になっているとさらに良かったのでは、ということと、コンサートという名目なので、様々な演目のショーの再現だけではなく、じっくりと龍さんの魅力が感じられるしっとりとしたコーナーなどもほしかったように感じました。
とても良かったし、贅沢な願望ですが・・。

あと、もうひとつたいへん気になったのが、プログラムの写真の掲載が、珠城さんと美弥さんが全く同じサイズ。しかも珠城さんの方が上にきていました。
さらに、フィナーレでは、美弥さん、珠城さん、龍さんの順で階段を降りてきたので・・ショーの中では均衡が取られていたように思ったのですが、美弥さんの位置を微妙に調整している節が感じられたのですよね・・。凪七(なぎな)さんは別公演でいないし、凪七さん、美弥さん、珠城さんの位置、次回公演でどうなっているのかと、少し心配になりました。

ラスト、カーテンコール後の龍さん、「本日は素敵なゲストが来てくださいました。」????!!観客がなんだなんだと思っていると、「小雨吹雪さんですっ!!」とトークコーナーで誕生したニュー男役スター夏月都さん扮する小雨さんを紹介(^o^)
夏月さん、娘役衣装のまま前に出て来て、キメキメの男役ポーズを取って会場大爆笑ヽ(=´▽`=)ノ
カーテンが降りる寸前には、その小雨ポーズを龍さんが真似て、さらに大爆笑のまま終演いたしましたd(^_^o)
龍さん、月組のみなさん、楽しかったですよ(^-^)/


【Now Playing】 My Own Life / 岩代太郎 ( Piano )

« 【はっPのアナログ探訪_0066: サボテンの花 / チューリップ ( Single )】 | トップページ | 「今日もごちそうさまでした」を読んだ »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dragon Night に行って来た:

« 【はっPのアナログ探訪_0066: サボテンの花 / チューリップ ( Single )】 | トップページ | 「今日もごちそうさまでした」を読んだ »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック