フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「ここだけの話」を読んだ | トップページ | 【2/2】久留里(くるり)に行って来た »

2016/01/24

【1/2】久留里(くるり)に行って来た

20160123_kururi001

久し振りにこのブログに度々登場する“達人”とお出掛けしてきました。
JR内房線の木更津駅から久留里線に乗り換え、下りたのが「JR久留里駅」です。
今回は二回に分けてご紹介してみようと思います。


20160123_kururi002

久留里線で乗った車両は一両編成。ドアはボタンを押して自分で開け、降りるときは先頭のドアしか開きません。
SUICA用の改札は無く、駅員さんがモバイル端末でカード処理してくれました。

久留里は千葉県君津市内陸部にあります。
房総半島のほぼ中央部、小櫃(おびつ)川の中流に位置し、江戸時代に久留里藩の城下町として栄え、近年は名水の里としても知られているとのこと。2008年には環境省から平成の名水百選にも選定されています。知らなかったぁ・・。


20160123_kururi003

さすが名水の地。駅を出るといきなり「水くみ広場」があり、ポリタンクに名水をつめている人がいました。


20160123_kururi005

水くみ広場のお隣では骨董市が開かれていました。
初めて久留里を訪れたのですが、こんな奥地に立派な街があり、人も訪れているのに驚きました。そして、この骨董市で古銭を商っていたのが、達人の同級生であり、今回昼食をお世話になった割烹旅館「山徳」の館主・山田弘一さんでした。


20160123_kururi004

よく時代劇などで見る江戸時代の「一分銀」も売っていました。
意外ときれいな状態なんですね。今の時代に換算してもけっこう高額なものです。
当日も古銭はけっこう売れたようです。子供がお父さんにねだって買っていったというのもあったとのこと。なんか頼もしいというか、古銭から江戸の探求までいってほしいなんて思ってしまいました。


20160123_kururi007

明治中期に上総地方で開発された、足場を設置して地下300~700メートルまで掘り下げるときれいな地下水脈に達して自噴するという「上総堀り井戸」。
街のあちこちに井戸があり、道路に面して開放されていました。「水に浮く街」っていうくらい水の豊富な街なんですね。


20160123_kururi006

そしてここは今回ちらっと入って行っただけでしたが、狭くて不思議な商店街通路を入って行くと、あるあるB級グルメ的なお店が並んでいて、・・次回はこちらを探訪・探求しようと思いました。超ディープ・ゾーンって感じです。次回が楽しみ。


20160123_kururi008

こちらは創業400年の吉崎酒造。寛永元年創業で千葉県最古の蔵なんだそうです。
久留里は水の里であるだけに酒蔵もたくさんあるようです。


20160123_kururi010

すぐ近くの藤平酒造さんで試飲もしました。
造り手三人だけで手造りする少量仕込みの「福祝」は看板酒のようですね。


20160123_kururi009

無濾過生搾りの18度っていうのと、通常の水を加えたものを飲んでみました。
無濾過の方はいきなり“ガツン”ときましたが、ふくよかでふわっとくる風味も持ち合わせ、なかなかの美味しいお酒でした。
通常の福祝もすっきりとした中に味わいがあり、これもいい感じに造られていました。
日本酒でつくった梅酒やゆず酒なども試飲しましたが、どれも深みと甘味があってさすがだと思いました。

というわけで、いつもなら長距離を歩いたりする達人との旅なのですが、今回は雪も予想されていたため、久留里城登城などは寒さもきつく断念し、次回ご紹介する割烹旅館「山徳」へ我々一行は向かいました。
では、続きは次回に。(゚ー゚*)。oO


【Now Playing】 Jinrikisha / Joe Henderson ( Jazz )

« 「ここだけの話」を読んだ | トップページ | 【2/2】久留里(くるり)に行って来た »

旅行・地域」カテゴリの記事

お酒」カテゴリの記事

様々な交流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【1/2】久留里(くるり)に行って来た:

« 「ここだけの話」を読んだ | トップページ | 【2/2】久留里(くるり)に行って来た »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック