フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「くじらの朝帰り」を読んだ | トップページ | 映画「母と暮らせば」を見ました »

2016/01/10

妻と落語会に行ってきた

20160110_yomiuri_rakugokai01

きょうは午前中からお昼にかけて妻と千葉市文化センターで行われた新春落語会に出掛けました。
“前座の前座”に千葉大・落研の学生さんが登場しましたが、いやどうしてなかなか、けっこう笑いを取り、しかも明るく、物怖じしない、・・やるなぁ最近の若い人は、と、いきなり感心いたしました。

古今亭今いちさん、桂歌助師匠、色物は、めおと楽団ジキジキ(初めて見たが場数を踏んできたことがよくわかる圧倒的な盛り上げ方が素晴らしかった)、トリは三遊亭鳳楽師匠でした。

私もけっこう落語好きなので、演目は知っているものばかりでしたが、でも演者によってその様相はまったく異なるんですよね(^-^)、だから落語は面白い。

噺家の方も、“まくら”をしゃべりながらお客さんの様子をうかがい、演目を舞台上で決めているのだと思いますが、その日のお客さんにウケるように絶妙な出し物をチョイスしているような気がしました。

それから、お正月らしく、歌助師匠は「噺」を終えてから目出度い踊りまで披露してくれました。こういうのは落語会ならではだと思います。お客さんもとても喜んでいました。

テレビなどでお笑い番組を見るのもいいですが、こうして木戸銭を払い、“小屋”に幽閉されて、じっくりと出し物を楽しむ(テレビみたいにひとネタ5分なんて瞬間芸的なものではないよ)。これが“大人の楽しみ方”ではないかと、あらためて思いました。

久し振りに東京の寄席にも行ってみようか、なんて気持ちにもなりました。
「今年は何度か寄席に行こう」という小さな目標が出来ました(*^_^*)


【Now Playing】 Come Together / The Beatles ( Rock )

« 「くじらの朝帰り」を読んだ | トップページ | 映画「母と暮らせば」を見ました »

趣味」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妻と落語会に行ってきた:

« 「くじらの朝帰り」を読んだ | トップページ | 映画「母と暮らせば」を見ました »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック