フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 映画「ニューヨーク眺めのいい部屋売ります」を見ました | トップページ | 太田和彦さんの「ニッポンぶらり旅」の本、また読みました »

2016/02/03

【はっPのアナログ探訪_0086: One Man Dog / James Taylor ( LP )】

20160203_james_taylor01

アナログ探訪、今回はジェイムス・テイラーです。
「ワン・マン・ドッグ」というこのアルバムはA、B面合わせて18曲入りという多曲構成です。
なんか、やりかけで終わっちゃったみたいな曲もあるし、インストゥルメンタルで短~い曲もあるし、どういう意図で作られたものなのか測りかねる部分もありますが、素直にレコード盤に針を落として聞いていると、実に自然に心の中に入ってくる曲ばかりです。


20160203_james_taylor02

ロスやニューヨークで録音されたものもあれば、テイラーの自宅で録音された曲もあるようで、全体としてもアットホームな印象が強くなっています。それにプライベートを感じさせるひっそりとした感覚もあります。

サウンドも過剰なエコーなどを掛けず、まったくの自然な音です。
ドラムも残響音の少ないしっかりとした乾いた音で、これまた心を落ち着かせてくれます。
サックスの音などもリバーブなども掛っていない、ナチュラルなもの。これを聞いていると自分はけっこう“アコースティック好き”なんじゃないかと思ってしまいます。


20160203_james_taylor03

1分や、1分ちょっと、20数秒なんて超短い曲もあるのですが、目くじら立てずに聞いていれば、これはこれでいいアルバムです。
細野晴臣さんがこのアルバムに対して、当時のニューミュージック・マガジンで「感想を書けと言われても数行で終わってしまう。全部同じような曲だし」みたいなことを書いていて、「そう聞けば、そう聞くこともできるけど、いいんじゃないの自然なところが」というのが2016年にあらためてこの1970年代前半のアルバムを聞き直しての感想です。

やさしい感じもありますね。こういう音楽、今は皆無といってもいいでしょう。
ひとりの人間らしく、素直に聞いて、素直にささやかな音楽の喜びを知る・・そんなアルバムでした。

« 映画「ニューヨーク眺めのいい部屋売ります」を見ました | トップページ | 太田和彦さんの「ニッポンぶらり旅」の本、また読みました »

はっPのアナログ探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【はっPのアナログ探訪_0086: One Man Dog / James Taylor ( LP )】:

« 映画「ニューヨーク眺めのいい部屋売ります」を見ました | トップページ | 太田和彦さんの「ニッポンぶらり旅」の本、また読みました »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック