フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 映画「アンジェリカの微笑み」を見ました | トップページ | 「夜の一ぱい」を読んだ »

2016/02/28

常識にとらわれないお酒の楽しみ方の本、読みました

20160228_akiko_tomoda01

『赤ワインは冷やして飲みなさい/友田晶子著(青春出版社)』という新書版の本を読みました。
この本は要するに、皆が人から言われたり、古くからそうやれと言われてやっていることに対して、家で飲む安めのワインなどに対して律儀にそんなこと守らなくともいいのに、・・ちょっと冷やせば美味しいよ、赤ワイン・・というものでした。
そりゃそうだよね、その方が美味しいよきっと(#^.^#)と、私も同感しつつ読みました。

料理とお酒の合わせ方というのも、今までは「料理が美味しくなる」、そして「お酒が美味しくなる」の二つしか頭に思い浮かばなかったのですが、この本に書かれていた「同調/相乗効果/ハーモニー(つまり料理と同じ傾向のお酒を合わせてさらなる美味しさを出す)」、さらに「第3の味が生まれるマリアージュ(一見すると合わないように見えるのに合わせてみるとこれは意外な美味しさが味わえる)」などの“黄金ルール”に大きくうなづいてしまいました。

ワインに全く詳しくない私のような者への超初心者向け「味わいが見た目でわかる“ボトルの型”での見分け方」なども、“通”から言わせれば邪道かもしれませんが、参考にさせてもらいました。

日本酒の話の中でも「甘口古酒」とブルーチーズ、青カビがたっぷり詰まったゴルゴンゾラ・ピカンテなどとの組み合わせなども、やってみたくなるものが続々でした。

ビールの項では、クラフトビールとしてのおすすめの中に「COEDO」がありました。
川越の麦やサツマイモを使い、ドイツの技法を取り入れた職人魂の入ったものだというのです。
まだ私も飲んだことがないのですが、外国人からも高く評価されて人気上昇中だそうです。
川越は、私がIT関係の仕事についていたときに、M先生に大変お世話になり、愛着のある小江戸の風情あるいいところ(^-^)、今度ぜひ飲んでみたいと思います。

焼酎にもふれられていたのですが、焼酎は一回の飲みの中でも、ソーダ割で喉を潤し、次は水割りで料理とともに楽しみ、三杯目はオンザロックで原料の味を感じ、四杯目には温かいお湯割りやお燗で体にやさしくして、最後はストレートでキュッとしめる・・などという理想的で思わずやってみたくなる飲み方なども紹介されていました。まさにそういう飲みものですよね、焼酎!!

とにかく、楽しく、いろいろと想像をはたらかせながら読めました。
とりあえずクラフトビール「COEDO」を探してみようか!d(^_^o)


【Now Playing】 When We Was Fab / George Harrison ( Rock )

« 映画「アンジェリカの微笑み」を見ました | トップページ | 「夜の一ぱい」を読んだ »

お酒」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65505/63277483

この記事へのトラックバック一覧です: 常識にとらわれないお酒の楽しみ方の本、読みました:

« 映画「アンジェリカの微笑み」を見ました | トップページ | 「夜の一ぱい」を読んだ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック