フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 永六輔さんが亡くなって | トップページ | 『PEN散歩』・・ブログ版と共に最近の気持ちを »

2016/07/12

【はっPのアナログ探訪_0102: ヤア!ブロード・ストリート(Give My Regards To Broad Street) / Paul McCartney( LP )】

20160712_broad_street01

久し振りのアナログ探訪は、ポール・マッカートニーの「ヤア!ブロード・ストリート」。発売当時に買ったものです。
同名映画のサウンドトラック盤です。テレビでもその映画は放映されましたが、深夜だったような記憶があって、あまり記憶がないのです…σ(^_^;)面目ない・・。

あのジョージ・マーティンがプロデュースし、有名ミュージシャンも参加していたと思いますが、なんといっても6曲に及ぶビートルズ・ソングがちりばめられていることが当時の話題だったと思います。

でも、どのビートルズ・ソングもイマイチ軽く、あっさりしているような気がします。
それは今聞いても同様な印象です。
サウンドトラックということもあるのでしょうが、渾身の演奏というわけにはいかなかったようです。
また、当時のポピュラー・ミュージックの流行のサウンド、曲作りもそんな感じだったのかもしれません。


20160712_broad_street02

「ひとりぼっちのロンリー・ナイト」など、CD以外で聞いたのは20年以上ぶりでしたが、アナログの音がこんなに心地よいものだとは思いませんでした。
角がとれた“まろやか”な音質にほっとしましたよ。

そして「心のラブ・ソング」のセルフカバーも、軽くて逆にいい感じです(#^.^#)
軽快過ぎて、ちょっと軽薄なくらい・・(^^;)


20160712_broad_street03

B面に入り、またまたビートルズ・ソングが登場しますが、やはりサウンドトラック的なオーケストレーションが入ったりして「エリナー・リグビー」も軽やかに流れるような曲調になっています。
「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」もムーディー・ソングみたいな感じです。ベースも線の細い、軽く柔らかい感じ。
ポールも軽く歌っています。イントロと間奏のサックスはムード歌謡的な盛り上げ方で、サウンドトラック・アルバムを聞いているつもりならこれもOK!ってところでしょうか。

ラストの「ひとりぼっちのロンリーナイト/プレイ・アウト篇」は、いつ聞いてもちょっとウキウキしてくる、いい感じd(^_^o)
アルバム全体を通してもポールの多彩さを感じさせてくれました。
久し振りに針を落としたけれど、聞いてみれば心地良いアルバムでした。

« 永六輔さんが亡くなって | トップページ | 『PEN散歩』・・ブログ版と共に最近の気持ちを »

The Beatles」カテゴリの記事

はっPのアナログ探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 永六輔さんが亡くなって | トップページ | 『PEN散歩』・・ブログ版と共に最近の気持ちを »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック