フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 『PEN散歩』・・ブログ版と共に最近の気持ちを | トップページ | 漢字についての本を読んでみた »

2016/07/16

花組 Me And My Girl 東京二回目に行って来ました。

20160716_me_and_my_girl01

宝塚歌劇・花組東京公演『ミー・アンド・マイ・ガール』、今回は長女と観に行って参りました。
生協の抽選に見事通っての「生協貸切公演」です(^_^)、なので開演前には組長の高翔みず希(たかしょう・みずき)さん、終演後にはトップスターの明日海りお(あすみ・りお)さんの挨拶がありました。それもいつもと雰囲気が異なり、ちょっとわくわくしましたd(^_^o)

今回の東京公演は、キャストが前回のAパターンと異なり、本場宝塚大劇場で観てきたBパターンです。

ということで役替わりのあった方々の様子についてちょっと書いてみますね。

ジョン卿役の瀬戸かずや(せと・かずや)さん。渋くて、人間味があって、優しくて、主役ビルのランベスの恋人サリーを思いやる様子がとても情感溢れ、よかったです(゚ー゚*)。oO
ビルとの懐中時計を使ってのやり取りも、うまい“間(ま)”の取り方で客席の笑いもバッチリ取っていました。

ジャクリーン役の鳳月杏(ほうづき・あん)さん。歌唱も安定感あり、ジャッキーのちょっとずるい感じや、可愛らしい部分までとてもうまく表現されていました。
今までのジャッキー像に、さらに魅力を増したキャラクターを作っていたと思います。

ジェラルド役の芹香斗亜(せりか・とあ)さん。ちょっと“おっちょこちょい”で軽い感じ。さらに憎めない可愛さを感じさせるジェラルドはこのミュージカルの舞台となっているヘアフォード家にとって、とても良い雰囲気を感じさせる役割を果たしていました。そして上品!

マリア公爵夫人役の仙名彩世(せんな・あやせ)さん。キャラの立ち方が非常にくっきりとしていて、ビルや、ヘアフォード家の人たちに対する厳しい様子を見せつつ、がんがん笑いも取り、さらにラストでは甥のビルへの愛情を渾身の演技で見せてくれるなど、さすがの演技巧者ぶりでした。

弁護士パーチェスター役の柚香光(ゆずか・れい)さん。
前回の大劇場で見たときとはかなりの変化を見せ、セリフも身のこなしも、とても大きくしていました。ギャグもどの観客席から見てもわかりやすく表現していて、生き生きと演じている様子に好感を持ちました。薔薇の一輪挿しが出てくると柚香さんがギャグをかましてくれるサインになっていますが、観客も次は何をやってくれるか楽しみにしいてるのがわかりました。


20160716_me_and_my_girl02

主役ビルの恋人サリーを演じた花乃まりあ(かの・まりあ)さん。今回はセリフにも歌にもメリハリをつけ、特に独唱となるサリーの気持ちを素直にあらわす部分では花乃さんのサリー像が出ていたと思います。歌の表現力もさらにアップした感じです。
ギャグも決まっていましたし、一幕ランベス・ウォークの直前の“たんか”を切るようなセリフ回しはなかなかのものでした。花乃さんのサリー、とてもいいです(#^.^#)

そして主役のビルを演じる明日海りお(あすみ・りお)さん。今回はセリフも演じ方もかなり力強くなったと思いました。大劇場から東京に来て丁寧に作り上げてきた「ビル」をさらに人間的に強く魅力を増そうとしているかのようです。

今回は生協貸切公演ということで、この演目を初めて見る人もかなりいたようで、割といつもの決まり切ったギャグを飛ばしても“バカウケ”状態だったのですが、さらに客席の空気を読み、タイミングよくギャグを繰り出し、しかも前回、前々回見ていてセリフが流れるようになって聞き取りずらい部分があったのですが、それも修正されていました。
どんどんビルが明日海さんそのものになっていくようで、明日海さんがこの役を好きなわけがよくわかります。

一幕最後に客席降りがあるのですが、間近に見た明日海さん。華奢ですが、あのエネルギー溢れる様子にこちらも心強く、うれしい気持ちでいっぱいになりました。

まだまだこの演目、進化していきそうです。
たぶんもう一度見られると思うので、そのときはまた最新リポートをお届けしますね。


【Now Playing】 大人のジャズタイム / 島崎保彦他 ( ラジオ日本 )


« 『PEN散歩』・・ブログ版と共に最近の気持ちを | トップページ | 漢字についての本を読んでみた »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花組 Me And My Girl 東京二回目に行って来ました。:

« 『PEN散歩』・・ブログ版と共に最近の気持ちを | トップページ | 漢字についての本を読んでみた »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック