フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 映画「ロング・トレイル」を見ました | トップページ | 天皇を中心とした井沢さんの日本史本を読んだ »

2016/08/03

『宝塚夜話・第四十四夜 < 花乃まりあさんが退団って、そんなこと・・ >』

20160802_maria_kano01

“ヅカ友”の女神から連絡をいただき、宝塚歌劇団・花組の娘役トップスター花乃まりあ(かの・まりあ)さんが退団発表をされたとのこと。
このブログでも何度もご紹介した「ミー・アンド・マイ・ガール」東京公演では元気にヒロイン・サリーを演じ、花乃さんにぴったりの役で、相手トップスターの明日海りお(あすみ・りお)さんとも息の合ったところを見せてくれていた・・その矢先です。

表向きの会見では“やりきった”という満足感のようなものをお話されていたようですが、2015年1月のトップ娘役就任からあまりにも早過ぎです。

これからは私のただの憶測ですので、“つまらんこと言っとる”と聞き流していただければと思います、どうかご容赦を。

ものすごい数であろう明日海さんファンの中の“うるさ型”から圧力があったんじゃないか、などと真っ先に思ってしまいました。
明日海さんは人気も抜群、素晴らしいトップスターですが、あの柔らかい、優しい、時にシャープに、時に迫力のある、類を見ない稀代のスターです。その明日海さんにぴったりと似合う娘役って、なかなかいないんじゃないでしょうか。

花乃さんは彼女にやれることを100パーセント発揮してどんどん成長していたと思います。できればずっと明日海さんと組んで、さらにいいコンビになってもらいたかった・・。
彼女がやめると決心したことで、逆恨み的にバッシングするような輩もきっと出てくると(もう出ているみたい)思いますが、彼女の気持ちはいかばかりか、花乃さんの決断を尊重したいと思います。

もうひとつは、歌劇団側から何らかの話が彼女にあったということも考えられます。
いずれにしても花乃さん自身には不本意な結論であろうことはたぶん間違いないように感じました。

で、来年早々の東京公演で退団されるということで、気になるのは明日海さんの新しい相手役です。
花乃さんのように歌もうまく、演技もなかなかのものを感じさせてくれた相手娘役でも大変だったのだから、どんな人がなってもさらに大変なことに・・と思ってしまいます。

同じ花組の城妃美伶(しろき・みれい)さん。もう何年か経験を積んでからの方が良いような気もします。

今、光り輝きまくっている宙組の星風まどか(ほしかぜ・まどか)さん。・・ありうるような気もする。
もうひとり、宙組には美人の怜美うらら(れいみ・うらら)さんがいるけれど、大人っぽ過ぎて明日海さんに合うかどうか・・。

月組の早乙女わかば(さおとめ・わかば)さん、あるいは海乃美月(うみの・みつき)さん。これも可能性は無きにしも非ず・・。早乙女さんはルックス的にはぴったりとくるように感じるし、海乃さんは実力的に十分な気もします。

雪組の有沙瞳(ありさ・ひとみ)さん。大作もこなせそうで、これもあるかもしれない。

星組は綺咲愛里(きさき・あいり)さんが、すでに紅さんとのトップコンビが決定しているので、もうこの可能性はありません。

“ウルトラC”では、月組の愛希れいか(まなき・れいか)さんの組替え!!
愛希さんとは、月組時代「アリスの恋人」でとても素敵なコンビぶりを見せてくれていました。
また、龍さんがトップになったときの役替わり公演「ロミオとジュリエット」では、明日海ロミオと組んで、実に素晴らしい演技とコンビぶりをここでも見せてくれていました。
この二人が組んだら凄いことになる予感もします。

・・つまらない想像をしてしまいました。
次の明日海さんの相手娘役が誰になろうと、花乃さん同様応援したいと思います。
プレッシャーにつぶされることなく、はつらつとした娘役になっていただきたいです。
・・それにしても驚きのニュースでした。


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 須磨佳津江 ( NHK-AM )

« 映画「ロング・トレイル」を見ました | トップページ | 天皇を中心とした井沢さんの日本史本を読んだ »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 映画「ロング・トレイル」を見ました | トップページ | 天皇を中心とした井沢さんの日本史本を読んだ »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック