フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 落語家がなぜ『噺』を忘れないのかという本 | トップページ | 千葉市の老舗洋食レストランが閉店しました »

2016/11/01

【はっPのアナログ探訪_0116: フレンズ / レベッカ( Single )】

20161101_friends01

今回のアナログ探訪はレベッカのフレンズ。
懐かしい人にはめっちゃ懐かしいことと思います(#^.^#)
たしか去年の紅白にレベッカが出て来てこの歌を歌いましたよね、あれからウン十年、時が経ったことを実感しました。

レベッカはボーカルのノッコさんの独特な高い歌声と、その切迫感ある演奏が魅力でした。
今、あらためて聞いてみてもあの切羽詰まったような“ギリギリ”感がたまりません。
なんか、窒息しそうです。たしかライブのタイトルが「窒息ライブ」だったような記憶があります。


20161101_friends02

そして、私はドラムを叩くので、このレベッカのドラムにはたいへんな魅力を感じていました。
ご本人のドラム雑誌でのインタビューなども当時読んでいたのですが、「とにかく全編強打!」というのが基本的な叩き方だったようです。
このレコードでも全部、全力で叩いていると思います。
ドラマーのあいだでは、二つの説があって、強く叩けば叩いたほど“良く鳴る”というものと、「叩き方の問題で、どんなに弱く叩いても“スターン”と鳴り響かせることは出来るのだ」という正反対の考え方があるのです。

実は私は後者の叩き方をしているのですが、でもこのレベッカのレコードを聞くと、“全力打撃”は、やはり効果絶大という気もするのです。
・・ま、信じて叩けばそれが一番、ってことなんですけどね(*^^*)

去年の紅白で注目したのは、ノッコさんはもちろんですが、ドラムが以前と同じように全力打撃なのかということでした。
目をこらして見てみましたが、全力打撃ではありませんでした。
やはり、年を経て、叩き方も変化してきたのだと思います。

今回は、ドラムの話になりましたが、そんなひとつの楽器にこだわった聴き方も面白いものです。

さて、次回はどんなレコードを聞こうか・・。

« 落語家がなぜ『噺』を忘れないのかという本 | トップページ | 千葉市の老舗洋食レストランが閉店しました »

想い出交錯」カテゴリの記事

はっPのアナログ探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【はっPのアナログ探訪_0116: フレンズ / レベッカ( Single )】:

« 落語家がなぜ『噺』を忘れないのかという本 | トップページ | 千葉市の老舗洋食レストランが閉店しました »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック