フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「安倍晋三[迷言]録」という本を読みました | トップページ | 【はっPのアナログ探訪_0124: 白い炎 / 斉藤由貴 ( Single )】 »

2016/11/17

【はっPのアナログ探訪_0123: Goats Head Soup / The Rolling Stones ( LP )】

20161117_goats_head_soup01

今回のアナログ探訪はストーンズ。邦題は「山羊の頭のスープ」。
中に入っていた衝撃の“山羊の頭のスープ”そのものの写真!!ビックリこきました(^_^;)


20161117_goats_head_soup02

この頃はギターにミック・テイラーがいたんですよね、たしか。
ストーンズも独特の世界を描いていたように思います。

1973年のこのアルバム、全米、全英ともに1位を獲得しましたが、当時の私にはあまりピンと来なかった・・という記憶があります。
むしろ、普段はストーンズのアルバムなど聞いたこともないフォーク・ファンの友人が絶賛していたので、ちょっと“引き気味”でした。
たぶん、名曲「アンジー」が良かったのでしょうね、フォークの友達。

でもね、今聞いてみると意外と落ち着いていて、いいアルバムです。
ギター、ドラム、キーボードなど、全体にサウンドも洗練されていて、荒っぽさは影を潜めています。
キースが歌っている曲についても、優しげで、大人な雰囲気です。
今になると、静かな夕暮れなどに聞いたら合うような気もするし、ジャマイカでレコーディングされたせいか、ちょっとリラックスしているストーンズという印象もあります。

ミック・テイラーのスライド・ギターもいい味出しているように思います。
ストーンズも大人になっていたんだな、なんて今にして思えば感じるのです。


20161117_goats_head_soup03

ジャケットも不思議な写真でしたが、内容もミステリアスで、オーケストラが入る曲などは、その世界に魅了されていく感覚があります。

久しぶりにアナログで聞きましたが、他のストーンズのアルバムとは世界が異なる、魅力的なアルバムでした。

« 「安倍晋三[迷言]録」という本を読みました | トップページ | 【はっPのアナログ探訪_0124: 白い炎 / 斉藤由貴 ( Single )】 »

はっPのアナログ探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「安倍晋三[迷言]録」という本を読みました | トップページ | 【はっPのアナログ探訪_0124: 白い炎 / 斉藤由貴 ( Single )】 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック