フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 2016年・宝塚歌劇を忘年会で振り返る -その2- | トップページ | 密蔵院・名取芳彦住職の「気にしない練習」を読んだ »

2016/12/30

2016年・宝塚歌劇を忘年会で振り返る -その3-

20161230_takarazuka01

今年の宝塚歌劇を振り返る忘年会、3回目になりました。
今回で女神、マダム、私の三人で見た本公演の振り返りを終わりにしたいと思います。

まずは月組「NOBUNAGA 信長 /Forever Love !!」です。
女神は信長、ショーともに「3」の評価。マダムは信長が「3」、ショーが「2」でした。
私は、信長、ショーともに「4」、特に信長については「5」に近い「4」です。またまた私だけ甘い?…σ(^_^;)

信長については、愛希れいか(まなき・れいか)さんが龍真咲(りゅう・まさき)さんの妻であるのに敵になっているかのような役どころで、これはこのコンビのラスト公演なのに・・っていうのが女神もマダムも感じていたところかもしれません。
私もちょっと、どうかな・・とは思ったのですが、この信長自体が龍さんが望んでいた演目ということで、かなり気合いも入っていて、龍さんにしか出来ない信長が創り上げられていたと思いました。
また、他の主要な役どころの組子たちも、とてもキャラクターがよく表現されていて全体に力の入ったいい作品と感じたのです。

ショーについても、女神、マダムともにあまり高い評価はされていません。
宝塚らしいパンチの効かせ方が足りなかったのかなぁ(^_^;)
私にはやはり月組らしい綺麗でスピード感のあるショーで、とても良かったし、愛希さん個人のダンスがとても興味深く、宝塚娘役には珍しい境地に達していたのではないかと感じました。
ちょっと残念なのはトップコンビお二人のラスト・デュエットダンスが無かったことでしょうか(´・_・`)

続いて宙組「エリザベート」。
マダムは2回の観劇で評価は「3」。女神の評価はやはり「3」です。これは前評判からいったら意外な結果でした。
私は2回の観劇で評価は「4」(^^;)。全体に私は甘くなってるのかと思ってしまいました。

評価の意外な低さは、たぶんマダム、女神ともに公演初期に見たときの実咲凜音(みさき・りおん)さんの低調さから来ていたようです。かく言う私も公演二日目だったか、そのときの実咲さんは“心ここにあらず”という感じでした。
その後公演回数を経て見たときには組全体的にもかなり良くなっていたのですが、これほど公演回毎の落差が激しいものは今まで見たことがありませんでした。

実咲さん、満を持してのエリザベートかと思ったのですが、公演初期の頃は残念な結果となってしまったというのが三人の共通した意見でした。

次は星組の「桜花に舞え/ロマンス!!」です。北翔海莉(ほくしょう・かいり)さん、妃海風(ひなみ・ふう)さんのトップコンビ、ラスト公演でした。

女神は桜花に舞えには「4」、ロマンスには「3」の評価。マダムは桜花・・には「3」、ロマンスには「2」 (・_・;という厳しい評価でした。
私は、桜花・・には「3」、ロマンスには4に近い「3」でした。

登場人物の色々な思いが絡むストーリーには比較的高得点の女神、桜花・・には4を付けて割と良い印象だったようです。だたし、女神、マダムともにショーについては厳しい感じです。
私は、あまりこの演目の根幹にあるものが響いて来ず、桜花・・には珍しく3の評価を付けてしまいました。あと、方言が多用されていて、それがわかりにくくて、それもマイナス点になってしまいました。ごめん・・。
ショーは、実はこのブログでも書いておりましたが、ああいう昔の宝塚みたいなゆったりとして優雅なレビューが好きなので、久しぶりの感覚でうれしかったのです。でも、最近の宝塚にはほとんどない感じなので、あまり好みの人はいないのかもしれないですね。

本公演ラストは、追加で雪組の「私立探偵ケイレブ・ハント/グレイテスト・ヒッツ」を取り上げておきましょう。

忘年会時の状況では、見ていたのは女神だけ。
お芝居、ショーともに「2」の低評価でした、残念です。

私もその後見たのですが、ケイレブ・・の方はやはり正塚先生の作品らしく、ほとんど少人数劇みたいになっていて、なんとか雪組だからうまくまとめましたが、女神同様不満が残る結果となりました。70人以上いる組の本公演なのですから、もうちょっとそれぞれに大きな役割と、舞台の華やかさが欲しかったです。いつものことだけど。

ショーについては、前半のお芝居の影響が尾を引き、しかもヒットメドレー的な展開もちょっと“安い”感じがして今ひとつだったかな・・。

卒業を発表されている早霧せいな(さぎり・せいな)さん、咲妃みゆ(さきひ・みゆ)さんのラスト作品に期待しましょう。

とりあえず三人が見た本公演については、ここでおしまい。
次は本公演以外の各組公演について、各自がばらばらに見ておりますので、それにふれてみたいと思います。
そして、その他いろいろについても続けたいと考えていますが、そうなると新年に突入しそうなので、その際は「新年放談」としてお届けしたいと思います。
お時間がありましたら、時々のぞいてみてください。日々更新を心がけていますので・・。


【Now Playing】 恋人もいないのに / シモンズ ( 歌謡曲 )

« 2016年・宝塚歌劇を忘年会で振り返る -その2- | トップページ | 密蔵院・名取芳彦住職の「気にしない練習」を読んだ »

宝塚」カテゴリの記事

様々な交流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年・宝塚歌劇を忘年会で振り返る -その3-:

« 2016年・宝塚歌劇を忘年会で振り返る -その2- | トップページ | 密蔵院・名取芳彦住職の「気にしない練習」を読んだ »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック