フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 【はっPのアナログ探訪_0132: LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN ( LP )】 | トップページ | へこんだ・・ »

2017/01/25

【はっPのアナログ探訪_0133: MACHINE HEAD / DEEP PURPLE ( LP )】

20170125_machine_head01

前回はレッド・ツェッペリンだったので、こっちもやっとかにゃあかんだろう、ということで、ディープ・パープルの「マシーン・ヘッド」ですd(^_^o)

これはいいアルバムだよねぇ(*^^*)、A面一曲目から「ハイウェイ・スター」でぶっちぎりです。
イアン・ペイスのドラムは速くてキレがいい、フィル・インもいちいちカッコイイ!!
リッチー・ブラックモアの間奏ギター・ソロには誰もが興奮せずにはいられないっ!ヽ(=´▽`=)ノ
イアン・ギランのシャウトも光るっ!!!こりゃ最高です、一曲目から'(*゚▽゚*)'

「メイビー・アイム・ア・レオ」も変則的なリズムから入り、とても“ノリ”の良い演奏です。変則なドラムも違和感なしっ(゚ー゚*)。oOバンド全体が余裕をもって演奏していて、タイトな曲ながら、聞いているこちらは安心して聞いていられます。

「ピクチャーズ・オブ・ホーム」は疾走感ある演奏で、オルガンもカッコイイぞ(^-^)/☆
今聞いても各楽器の音はとてもツヤツヤしていて、クリアな印象、昔聞いたときのままに感じました。
途中のベースソロがまたグビン・グビンいってて、これもいいねぇ(^_^)


20170125_machine_head02

A面ラストの「ネバー・ビフォー」も展開が小気味よく、体が動いちゃいます。
サビのところでいったんリズムが変わるのもとても心地良い(^-^)あっという間のA面4曲でした。

続いてB面1曲目は、誰もが知っている「スモーク・オン・ザ・ウォーター」です。
あのカッコイイ、イアン・ペイスのハイハットで刻まれるリズム、ドラマーであれば、誰もが一度は真似したものです。だって、カッコイイんだもんヽ(=´▽`=)ノ
私も生まれて初めて組んだ高校生時代のバンドでもちろんコピーしました。イアン・ペイスになりきって(^^;)

B面二曲目は「レイジー」。ブビブビいってるオルガンの“いかす”フレーズから始まりましたね、思い出してきたぞ。
当時は“長い”と感じたが、今聞いてみるとそうでもないぞ、私が枯れてきた証拠か?!…σ(^_^;)
意外とこのアルバム、今聞いてもとてもいいぞ!驚き(^o^)


20170125_machine_head03

このアルパム、ラストを飾るのは「スペース・トラッキン」。
「カモン・カモン・レッツ・スペース・トラッキン」というイアン・ギランが煽るボーカルが興奮をさそいます。
リズムもいいなぁ、今回ほめてばっかり(^^;)

久しぶりにアナログで聞いてみましたが、時代を感じさせず、音もいいし、名アルバムと呼ばれるにふさわしいアルバムである、今も、と感じました。

« 【はっPのアナログ探訪_0132: LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN ( LP )】 | トップページ | へこんだ・・ »

はっPのアナログ探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【はっPのアナログ探訪_0133: MACHINE HEAD / DEEP PURPLE ( LP )】:

« 【はっPのアナログ探訪_0132: LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN ( LP )】 | トップページ | へこんだ・・ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック